セフレ

【令和版】セフレの作り方・探し方の話@私が成功した方法を伝授!

「セフレがほしい!」と思っている男性は多いでしょう。

最近では、セフレも一般的なものになり、ある女性ファッション誌でのアンケートでは約4割の女性にセフレ経験があるという結果が出ました。

私自身も数年前からセフレが常に2,3人はいる状態が続いています。

現代は出会いのツールも出揃っており、作り方や探し方を知っていれば、簡単にセフレを作ることができる時代になりました。

とはいえ、どこでセフレを探せばいいのか?は意外と知られていません。

この記事では、私自身の経験も踏まえた上で、「どこでセフレを探せばいいのか?」「どうやってセフレになればいいのか?」について徹底的に解説していきます。

セフレを作って遊びたい!という人はぜひ参考にしてくださいね。

セフレの作り方・探し方@一番多い出会い方のランキング

実際にセフレがいる人はどこで出会っているのでしょう?

セフレとの出会い方でよくあるパターンを順番に見ていきましょう。

セフレとの出会い方1位:元カノ

セフレでいちばん多いのは、元カノからセフレになるパターンです。

別れた後もたまに会って体の関係だけは続いている、というカップルは珍しくありません。

女性の中にはどうも「セフレみたいな関係はイヤだけど、元カレなら話は別」という考え方を持つ人が一定数いるようです。

過去にセックスをしていた相手なので罪悪感が少なく、女性からしても気軽に応じやすいのでしょう。

ただ、マジメに付き合うところから始まるので、狙って作るのは難しいです。

セフレとの出会い方2位:出会い系

セフレとの出会い方の第2位は、出会い系サイトです。

実際、私自身も含め、狙ってセフレを作っている人のほとんどは出会い系で相手を見つけていると思います。

出会い系サイト・アプリには遊び目的の女性が多く登録しています。

セックスありの出会いになることを女性側も承知しているので、相手と親密になれればセフレに移行するのも難しくありません。

多少の費用がかかりますが、現状もっとも効率のいいセフレとの出会い方と言えます。

セフレとの出会い方3位:合コン

セフレとの出会い方第3位は、合コンです。

今も昔も変わらない出会いの場で、盛り上がった勢いでそのままホテルに連れ込めるのがメリットです。

ただ、セックスした後、相手は恋人関係まで希望してくることが多くなります。

彼女を作るつもりならいいですが、セフレを探す場としては微妙ですね。

また、1回5000円以上はかかってしまうので、コスパはかなり悪いです。ホテルに行くともっとですね。

セフレとの出会い方4位:ナンパ

昔ながらのナンパからセフレを作る方法もあります。

ストナンであればお金がかかりません。また、相手の顔やスタイルを見てから、可愛い子にだけ声をかけられる点もメリットです。

ただ、ナンパに慣れていないとハードルが高いですね。

ルックス・コミュ力・相手を選ぶ観察力など、総合的なスキルの高さが求められます。

断られるのが当たり前の世界なので、嫌がられながらも声をかけ続けられるメンタルの強さも必要になります。

ナンパの場合はぱっと見のルックスの良さが求められるので、イケメン男性なら一考の余地ありですね。

フツメンの男性がストナンを成功させるのはかなり難易度が高いので、おすすめできません。

セフレとの出会い方5位:SNS

最近では、FacebookやTwitterなどから知り合ってセフレに移行するケースもあります。

SNSなら無料で使えますが、時間効率がめちゃくちゃ悪いので、あまりおすすめしません。

相手のほうは別に出会いを求めてSNSをやっているわけではありません。仮に会えたとしても、セフレどころか、セックスに持ち込むところから難易度が高いです。

ついでに言っておくと、TwitterなどのSNSには「セフレ募集」をしているアカウントがたくさんありますが、ほぼ100%業者だと思っていいです。

SNSは出会い系サイトと違ってそのへんの規制がゆるいので、危険な目に遭うリスクも高くなっています。

セフレを作るなら出会い系サイトがおすすめな理由

セフレを狙って作るなら、出会い系サイトが断トツでおすすめです。

その理由は以下の通りです。

  • 女性の側も最初から「セックスありき」の認識でいる
  • 手軽にセフレ探しができる
  • 身バレしにくい
  • 費用対効果がいい

一つずつ詳しく見ていきましょう。

女性の側も最初から「セックスありき」の認識でいる

出会い系でセフレを作りやすい一番大きな理由がこれです。

出会い系にいる女性は、最初から「セックスありき」の出会いになるということを理解しています。

もともと出会い系は遊び相手を探す場であり、大半の女性は「なんとなく寂しいから」「なんとなく退屈だから」という理由で利用しています。

男性はもちろん、女性側もある程度セックスを予想してやってくるので、「食事デート→ホテル」という王道パターンをスムーズに実行できます。

よほど清潔感のない男でない限りは、高確率で最初のデートからホテルに行くことができるでしょう。

遊びのセックスにそこまで抵抗のない女性が多く、セフレにしやすいのも大きなメリットです。

手軽にセフレ探しができる

出会い系サイトの大きなメリットの一つは、手軽にセフレを探すことができる点です。

ナンパでストリートに立つのは時間や労力がかかります。

一方、出会い系サイトであれば、自宅でも通勤中でもスマホ一つで気軽に活動できます。

暇な時間を利用してセフレ探しができるので、忙しい人にもおすすめです。

身バレしにくい

出会い系での活動は周囲にばれにくく、こっそりセフレ探しができます。

セフレを探していることを知り合いに知られたくない人は多いはず。

ナンパでストリートに立てば知り合いに見つかる可能性がありますし、一般の社会人であれば立場的にそんなの無理!という人もいるでしょう。

出会い系サイトでの出会いなら当人同士しか知り得ませんし、周囲にばれる可能性がまずありません。

サイトで出会った相手にも自分の身元を知られることはないので、関係がこじれたときにフェードアウトすることも簡単です。

費用対効果がいい

お金をあまりかけずにセフレを見つけられるのも、出会い系の大きなメリット。

たとえば、合コンに行けば飲み会だけで5000円近く飛んでいきます。

ですが、合コンでアプローチできるのはせいぜい1人か2人。相手次第では、まったくの収穫ナシということも少なくありません。

一方、出会い系に5000円使えば、少なく見積もっても2~3人とは会うことができます。少なく見積もっても、です。

しかもすでに触れたように、相手は最初から「セックスありき」の遊び目的で来ているため、ホテルに連れ込むのも容易です。

1回の合コンで2~3人とセックスに進むのはどう考えても不可能ですが、出会い系なら同じくらいの出費でそれが可能です。

出会い系というとお金がかかる印象があるかもしれませんが、現在では、最初の数通でLINEなどに移行するパターンがほとんどです。

(移行できなければ業者と思っていいくらい警戒しましょう)

出会い系は非常にコスパ良くセフレと出会える方法なのです。

セフレの作り方・探し方@出会い系サイト・マッチングアプリランキング

では、具体的にどの出会い系サイトでセフレを探せばいいのか?

サイトやアプリでセフレを探す場所としては、以下の二つが考えられます。

  • 出会い系サイト:遊び目的の出会いがメイン
  • マッチングアプリ:マジメな恋人探しがメイン

現状、アダルト込みの出会いは出会い系サイト、健全な出会いはマッチングアプリ、という風に棲み分けがされています。

当然ながら、出会い系サイトの方がセフレ作りのハードルは低いです。

マッチングアプリはもともとがセックス前提の出会いではないため、相手をセフレ化する難易度はかなり高めになります。

それでは、以上を踏まえた上で、おすすめの出会い系サイトやマッチングアプリを紹介していきます。

出会い系サイト

まずは、本命の出会い系サイトから。

現在、出会い系サイトは乱立状態ですが、おすすめできるサイトは以下の5つに絞られます。

  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • イククル
  • YYC

基本的には、この5つのサイトの中から好きな活動場所を選べばいいと思います。

他にも出会い系はありますが、女性会員が少なかったり、料金が高額な設定だったりでおすすめできません。

変なサイトを使ってしまうと、女性と出会えないどころか、不当請求などの詐欺に遭う可能性も考えられます。

ここで紹介する5社のように、きちんと運営されている優良なサイトを利用しましょう。

PCMAX

会員数 1400万人
運営開始 2000年
運営会社 株式会社マックス
料金 プロフの閲覧:10円
写真の閲覧:30円
メッセージの送信:50円
登録時の無料ポイント 100pt(1000円分)
  • アダルト色が強めの出会い系サイト
  • セックス込みの遊び相手を探している女の子ばかり
  • 女子大生から人妻まで幅広い利用者層
  • セフレ探しに現状ナンバーワンのサイト

知る人ぞ知る出会い系サイトの「ピシマ」。現状、セフレ作りには最強のツールです。

セフレ探しにPCMAXが選ばれるのは、アダルト目的の利用者が多いためです。

もともと出会い系サイトはアダルト寄りですが、その中でもPCMAXは特にその傾向が強く、簡単にセフレになってくれるような女性がいくらでも見つかります。

PCMAXは女性ファッション雑誌などによく広告を出しています。

女性のほとんどは「なんとなく寂しい」という理由でPCMAXに登録し、暇な時間を埋めてくれる遊び相手を探しています。

サイト自体のアダルト色が強いおかげで、最初から「セックスOK」と考えている女性が多め。メッセージで仲良くなれば、すぐに会ってセックスまでこぎ着けられるでしょう。

PCMAXの年齢層は10代後半~40代まで幅広いですが、特に多いのは18歳から20代前半までの若い女の子。現役女子大生もよく見かけます。

普段から暇をもてあましている女の子ばかりなので、そのままセフレになってくれる可能性も高いです。

PCMAXを使えばビックリするほど簡単にセフレを作れてしまいます。セフレ作りでは必ず抑えておきたい鉄板サイトと言えるでしょう。

ハッピーメール

会員数 2000万人
運営開始 2001年
運営会社 株式会社アイベック
料金 プロフの閲覧:無料
写真の閲覧:20円
メッセージの送信:50円
登録時の無料ポイント 120pt(1200円分)
  • 知名度ナンバーワンの出会い系サイト
  • 女性会員が多くて好みの相手を見つけやすい
  • セフレ候補の数が多いので初心者にもおすすめ
  • 地方や田舎にも強い

ハッピーメールは出会い系の最大手です。

そのまんま「ハッピーメール」というタイトルで映画化もされています。元AKBの野呂佳代が主演を務めて話題になりました。

そのあたりからもわかるようにプロモーションに力を入れており、とにかく女性の利用者が多いのが特徴です。

10代後半から40代までありとあらゆる女性が登録しているので、自分好みのセフレを見つけやすいです。

PCMAXに比べるとややマジメな出会い目的の女性も多いですが、出会い系ですので、会えばセックス込みになるパターンがほとんどです。

一回目のセックスで仲良くなれれば、そのままセフレ化を狙えます。

セフレ候補の数がとにかく多いので、セフレ作りではぜひ抑えておきたい出会い系と言えます。

ワクワクメール

会員数 800万人
運営開始 2001年
運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
料金 プロフの閲覧:無料
写真の閲覧:20円
メッセージの送信:50円
登録時の無料ポイント 120pt(1200円分)
  • 日本で3番目に利用者の多い出会い系サイト
  • ワンナイトからセフレ化を狙いやすい
  • 無料ポイントをもらえる機会が多い

ワクワクメールは日本で三番目に利用者の多い出会い系サイトです。

客層的にもサイトの雰囲気的にも、ハッピーメールによく似ています。

他の出会い系同様に、女性のほとんどは遊び目的で登録しているので、ワンナイトからセフレ化を狙いやすいです。

ワクワクメールは他の出会い系よりも無料でもらえるポイントが多いのが特徴です。

まず初回登録時の無料ポイントが120pt(1200円分)と大ボーナス。節約して上手に使えば、これだけで1人の女性と出会えてしまうほどのポイントです。

他にもログインボーナスなどで毎日ポイントがもらえるので、コツコツログインしていれば無料ポイントだけでセフレを作ることも可能です。

価格設定も最安クラスなので、料金を抑えてセフレを作りたい人に向いています。

PCMAX・ハッピーメールに次いでセフレを作りやすい優良サイトです。

イククル

会員数 1300万人
運営開始 2000年
運営会社 プロスゲイト株式会社
料金 プロフの閲覧:無料
写真の閲覧:20円
メッセージの送信:50円
登録時の無料ポイント 80pt(800円分)
  • 10代~20代前半の若い子が多い
  • ノリの軽いギャルっぽい女性が多め
  • 3000円以上の購入でポイントが2倍付与

イククルは、日本有数の出会い系サイトです。

PCMAXやハッピーメールなどに比べるとやや規模感に劣りますが、それでも掲示板の書き込みは毎日2万5千件以上と、十分な賑わいを見せています。

逆に言えばライバルも少なめなので、出会い系初心者の人には出会いやすいかもしれません。

イククルの最大の特徴は、10代の若い子やギャルが多いこと。若い女の子をセフレにしたい!という男性には特におすすめです。

3000円以上の課金でポイントが2倍付与されるのも美味しいです。仮に5000円課金すれば、1万円分のポイントがもらえます。

1万円分のポイントがあれば、セフレ探しに慣れている人なら少なくとも1人以上はセフレを作ることができるでしょう。

最終的なトータルコストで考えると、かなりお得な出会い系サイトになっています。

YYC

会員数 1400万人
運営開始 2000年
運営会社 株式会社Diverse
料金 プロフの閲覧:10円
写真の閲覧:無料
メッセージの送信:50円
登録時の無料ポイント 300pt(300円分)
  • 元ミクシィグループによる運営
  • サイトも客層も非常にクリーン
  • キレイめのお姉さんが多い
  • アダルト掲示板がない
  • セフレを作る難易度はやや高め

YYCはもともとミクシィグループの子会社が運営していた出会い系サイトです。

運営元の株式会社Diverseは、婚活アプリの「ユーブライド」やマッチングアプリの「Poiboy」なんかも運営しています。

使ってみればわかりますが、他のアプリとは明らかに雰囲気が違い、サイト全体が非常にクリーンです。

ここで紹介した出会い系サイトの中で、アダルト掲示板がないのもYYCだけです。

数年前までミクシィの名前で宣伝していた影響で、利用者層も他の出会い系と少し異なり、出会い系に縁がなさそうな女の子が多く利用しています。

特に30代前後のキレイめのお姉さんが多いので、そういった女性が好きな人におすすめです。

セフレを作るだけなら他のサイトの方が簡単ですが、一から相手を攻略していく楽しみがあります。

キレイめのお姉さんとじっくり関係を築いてセフレになりたい!という人にYYCは向いています。

マッチングアプリ

次にセフレ探しに使えるマッチングアプリを紹介します。

先に触れましたが、出会い系サイトに比べて、マッチングアプリではセフレを作る難易度が上がります。

というのも、出会い系サイトと違って、女性の側がもともと遊び目的で利用していないためです。

セフレになってくれそうな相手を見つけるためには慣れが必要になります。

セフレを作るだけなら圧倒的に出会い系サイトの方が簡単なので、慣れてくるまでは出会い系の方を主な活動場所にすることをおすすめします。

出会い系でのセフレ作りに飽きてきたらマッチングアプリの利用も考えてみる、くらいの感覚でいいと思います。

Pairs

会員数 1000万人
運営開始 2012年
運営会社 株式会社エウレカ
料金 3590円~/月

Pairs(ペアーズ)はマッチングアプリの現状ナンバーワンです。

2012年から運営を始めて、すでに1000万人以上の会員がいます。毎日8000人近くの人が新規登録しているマンモスアプリです。

ただ、利用目的は真剣な恋活がメインであり、身持ちの堅いマジメなタイプの女性が大部分を占めています。

とはいえ、会員数がとにかく多いので、ノリが良くて会ったその日にセックスに応じてくれるような女性も探せば見つかります。

定額制でメッセージは送り放題ですが、いいね!(=アプローチ)できる女性の数には上限があります。

相手がセフレになってくれるタイプの女性かどうかを見極めながら、無駄打ちを減らしつつ上手に立ち回るスキルが求められます。

Omiai

会員数 400万人
運営開始 2012年
運営会社 株式会社ネットマーケティング
料金 3980円~/月

Omiaiはペアーズ以上にセフレ作りの難易度の高いマッチングアプリです。

ペアーズよりも年齢層が高く。アラサー世代がメインです。その関係上、婚活目的で利用しているユーザーも多いです。

婚活目的の相手に手を出すとトラブルに発展しやすいため、真剣度の高い相手を避けながら声をかける必要があります。

ただ、キレイめの女性が多いので、上手いことセフレにできれば見返りは大きいと言えるでしょう。

腕に自信があればチャレンジしてみるのもありかもしれません。

タップル

会員数 450万人
運営開始 2014年
運営会社 株式会社マッチングエージェント
料金 3700円~/月

タップル誕生は、20代前半の若い層に人気のマッチングアプリです。

次々に表示される異性会員を「いいかも!」と「イマイチ」に振り分けていき、ある種ゲーム感覚でマッチングが成立します。

PairsやOmiaiに比べるとノリが良くてフットワークの軽い女性が多く、セフレ探しがやりやすい環境になっています。

ただ、基本は恋活アプリなので、最初からアダルト目的を前面に出すのは厳禁です。

第一印象で相手を選ぶので、容姿がものを言うアプリでもあります。

セックスに応じてくれるタイプの女の子ほど見た目を重視する傾向があるため、イケメン以外の男性は苦戦すると思います。

Tinder

会員数 不明
運営開始 2014年
運営会社 Match Group, Inc.
料金 基本無料(有料プランもあり)

Tinderは男性も無料で使えるほぼ唯一のマッチングアプリです。

マッチングアプリの中では最高峰に“チャラい”アプリであり、セフレ作りに向いていると言えば向いています。

ただし、競争率がめちゃくちゃ高くて、ほとんどの男性は時間を無駄にするだけで終わります。

Tinderではプロフィール写真がすべてです。パッと目を引くレベルのイケメン以外はまず戦えないと思っていいです。

また、スマホの位置情報を使って「〇㎞以内」という探し方をするので、非常に身バレしやすいアプリとして知られています。

普段の生活圏内で使っていると、会社の同僚・友達や知人・親戚・身内などがガンガン画面に出てきます(もちろん、自分の方も同じように見られています)。

こっそりセフレを作りたい人にはおすすめできないアプリになっています。

出会い系サイト・マッチングアプリでセフレを作る攻略法

セフレを探すための出会い系サイト・マッチングアプリを紹介し、「どこでセフレを探せばいいのか?」について見てきました。

次は、それらを使って「どうやってセフレを作ればいいのか?」という攻略法について解説していきます。

セフレの作り方や探し方にはコツがあり、知っているかどうかで大きな差が生まれます。

ここに書いてある攻略法をしっかり実践すれば、セフレになってくれる女の子を簡単に見つけることができるはずです。

プロフィール設定

出会い系アプリに登録したら、まず最初に自分のプロフィールを設定することになります。

プロフィールはめちゃくちゃ重要です。出会い系で「返信が全然来ない!」という場合、ほとんどの場合プロフィールに問題があります。

以下の点に気をつけて女性ウケのいいプロフィールを作成しましょう。

プロフ写真はちょっとだけ盛れた写真を用意

可愛いセフレと出会うためにプロフィール写真は必須です。

顔を出すのにどうしても抵抗のある人でも、最低限の雰囲気がわかる写真は載せておきましょう。

女性はたくさんの男性からアプローチをもらうので、(もしかしたら超キモい見た目かも知れない)“顔なし”の男性に返信なんてしてくれません。

写真については“ちょっとだけ格好良く写っているもの”を選びましょう。

別にイケメンである必要はなく、「ナシじゃない」ことが伝われば十分です。

昼間の日光の下で撮った明るい印象の写真がベストです。自室の暗い照明の下で撮った写真や自撮りの写真は、ネクラな印象を与えてしまいます。

あまり盛りすぎると会ったときに幻滅されてしまうので、加工アプリの使用はほどほどにしましょう。

自己紹介文は「話してみたい」と思ってもらえるように

自己紹介文は非常に重要です。女性は男性の自己紹介文を読んで、メッセージに返信するかどうかを判断しています。

返信率の高い自己紹介文のポイントは以下の通りです。

  • どんな出会いを求めているのかを書く
  • 女性が気軽にメッセージを送れるようにする

まず、自己紹介文には「どんな出会いを求めているのか?」を必ず書いておきます。

出会い系にはいろいろな目的の利用者がいます。相手がどんな出会いを求めているのかがわからないと、女性の側も気軽に返信することができません。

セフレ探しであれば「気軽に遊んでくれる友達を~」「一緒にご飯などに行ってくれる相手を~」くらいにしておきましょう。

「人の話を聞くのが好きなので、まずは気軽にメッセージでおしゃべりしましょう」などと書いておくと、女性が気軽にメッセージを送ってくれるようになります。

試しに例文を作ってみました。

『はじめまして!プロフィールを見てくれてありがとうございます。
都内の広告会社に務めていて、普段は営業や企画の仕事をしています。

趣味は旅行や食べ歩きです。休日はドライブに出かけてプチ観光をしたりしています。
スポーツも好きで学生時代はバスケをしていました。

男ばかりの職場で、女性に出会う機会が普段ほとんどありません!(泣)
いきなり恋人とかは難しいと思いますが、一緒に食事に行ったりして気軽に遊べる友達ができたらいいな~と思って登録しました。

まずは気軽にメッセージで楽しくおしゃべりできたらと思います。
人の話を聞くのが大好きなので、愚痴でも何でもいっぱい聞かせてください!(笑)
それでは、よろしくお願いします。』

彼氏と別れた・彼氏や旦那などに不満を持っている女性も多いので、「親身になって話を聞いてくれそう」という感じが出ているとGoodです。

全体として「この人とちょっと話してみたら楽しいかな?」と思ってもらえる自己紹介文を目指しましょう。

年収・身長・体重などは少しだけ盛っておく

年収・身長・体重などのプロフィール項目については若干盛ってもOKです。

ただし、あまり盛りすぎずに、自分のマイナス点を多少補う程度にしておきましょう。

無理に年収1000万とかにしてしまうと、リッチな内容のデートを期待されたり、お金目当ての女性が寄ってきます。自分の年収に少しプラスする程度にすべきです。

身長や体重を見てアリ・ナシを判断する女性もいるので、自信のない人は多少盛っておきましょう。

プロフィールの段階では気にしても、実際に会ってしまえばそれほど気にしない女性がほとんどです。

ただし、会ったときに「別人じゃん」と思われるのはマズいので、多少マシな数値に修正するくらいに留めておきます。

プロフィールにアダルトな内容は絶対に書かない

セフレ探しであっても、プロフィールにアダルトな内容を書くのは絶対に厳禁です。

女性にとっては、「いい感じの男性と会って成り行きでセックスする」のと「セックス目的の男性と会ってセックスする」のとでは、まるで意味が違ってきます。

たとえセフレを探している女性であっても、「セフレ募集中です」などと宣言している男性には絶対に近寄りません。

サイトによっては「利用目的」などの項目で「セックスフレンド」などのアダルトな選択肢を選ぶことができるようになっていますが、セックスを連想させるような項目はすべて外すようにしてください。

女性が安心して会いに来られるように、サイト上ではあくまでも紳士的に振る舞いましょう。

セフレになれそうな人は?

自分のプロフィールが完成したら、いよいよセフレになってくれる女性を探します。

ただ、セフレ候補の探し方にもコツがあります。

出会い系には簡単にセフレにできるタイプの女性がいるので、そういった女性に狙いを定めていきます。

また、出会い系には業者も入り込んでいるので、業者を見極めて回避することも必要です。

セフレ候補の女性を選ぶときのポイントをまとめると以下のようになります。

  • 寂しさを抱えている女性を狙う
  • ヤリモクお断りでもチャレンジしてみる
  • 業者を避ける
  • 割り切り(援助交際)を避ける

一つずつ具体的な内容を見ていきましょう。

寂しさを抱えている女性を狙う

もっともセフレにしやすい女性は、以下のように異性関係で寂しさを抱えている女性です。

  • 最近彼氏と別れた
  • 彼氏がいなくて寂しい
  • 彼氏と上手くいっていない
  • 旦那と上手くいっていない

上記のような女性たちは寂しさを抱えており、女性として求められる(=セックスする)ことに飢えています。

たとえば、彼氏と別れた直後の女性は、口説きやすい上にフリーの身なのでセフレになってくれやすいです(ただし、新しい彼氏ができたときに関係を切られることも)。

また、意外にも穴場なのは、彼氏や旦那と上手くいっていない女性たちです。

出会い系には彼氏持ちや人妻も多く登録しています。たいていパートナーとの間に冷めた関係があり、不満や寂しさを埋め合わせるために遊び相手を探しています。

その場合、定期的にこっそり会ってセックスをするという関係性は女性側にとっても都合がいいので、セフレ的関係になるのが非常に容易です。

セフレにしやすい女性を探すときには、フリーワード検索で「別れ」「寂し」「さみし」「さびし」などで絞ると見つけやすいです。

ヤリモクお断りでもチャレンジしてみる

出会い系で女性のプロフィールを見ていると、「ヤリモクお断り」「エッチ目的お断り」などと書いている人が多いのに気づくでしょう。

しかし、これを見てセフレにするのを諦めるのは早計です。

女性が避けようとしているのは、最初からヤリ目的を丸出しにして近づいてくる男たちです。実際に会って仲良くなってからホテルに誘うのは、また全然別の話になります。

「ヤリモクお断り」と書いている女性でもセックスに持ち込むことは可能ですし、セフレにできる可能性も普通にあります。

ただし、たまにめちゃくちゃガードが堅い女性もいるので、プロフィールからその気配を感じたら避けるようにしましょう。

業者を避ける

どの出会い系サイトにも業者は必ずいます。

業者というのは、サイトを悪用して利用者を騙そうとしている人間のことを指します。

援デリなどの風俗営業・悪質サイトへの誘導・LINEや電話番号の収集業者などが典型的なパターンです。

以下の特徴に当てはまったら、業者の可能性が高いです。

  • 写真がモデル級に可愛い
  • スリーサイズなどの情報を載せている
  • プロフィールの内容がエロい
  • すぐにエッチできそうな感じを出している
  • 利用端末がPC

業者は基本的に色仕掛けで男性を騙そうとしてきます。

ネットで拾ってきた可愛い子の写真を使い、男性が喜びそうな扇情的なプロフィールを設定しています。

一般女性でプロフィールにアダルトな内容を載せる人はほとんどいないので、「プロフィールがエロい=業者」と判断してまず間違いありません。

業者のプロフィールは完全にパターン化しているので、慣れてくれば一瞬で「ああ、業者だな」とわかるようになります。

割り切り(援助交際)を避ける

業者と並んで出会い系で避けて通らなければならないのが、割り切りをしている女性たちです。

割り切りは一般の個人がやっている売春のことです。援助交際、サポなどとも言います。

割り切り女性の特徴は以下の通りです。

  • スリーサイズやカップ数などの記載
  • プロフィールの内容がエロい
  • すぐに会える(エッチできる)感じを出している
  • 利用端末はスマホ
  • 割り切りを示す隠語を使っている

割り切り女性の場合は、援デリ業者ほどコテコテではなく、素人感があるので少しだけわかりにくいです。

ただ、エロい内容やすぐに会えるアピールで興味を引こうとする点では変わりません。

また、割り切り女性は最初から割り切りであることがわかるように書いている人が多いです。援デリ業者と違って普通に需要があるので、隠す必要がないんですね。

「サポート」「支援」「援助」「¥」「意味わかる人」「余裕のある男性」などは、割り切りを示す隠語です。

業者同様、割り切りも慣れてくればすぐにそれとわかるようになります。

アプローチの仕方

セフレ候補の女性を見つけたら、早速メッセージを送ってアプローチしていきます。

アプローチでは、最初の数通のメッセージが勝負になります。

どのような立ち回りをするのが効率的なのか、アプローチするときのポイントを見ていきましょう。

初回メッセージは相手のプロフに合わせて変える

初回メッセージは相手のプロフィール内容に合わせて微妙に変えて送ります。

相手の自己紹介文や写真の中からネタを拾って、初回メッセージに含めます。

  • 映画が趣味→「映画がお好きなんですね!おすすめの映画とかありますか?」
  • ペットの写真を掲載→「ペット可愛いですね!モルモットですか?」
  • 旅先の写真を掲載→「写真の場所は〇〇ですか?キレイですね!」

絶対にNGなのが、誰にでもそのまま送れてしまうテンプレメッセージです。

たとえば、以下のような文面。

『こんにちは!プロフィールを読んで興味を持ったのでメッセしました。
よかったらお話ししませんか?』

誰にでも送れる文面なので、手当たり次第に送っている感がしてしまいます。これではまず返信はもらえません。

相手のプロフィールや写真に必ず触れるようにして「あなただから送ったんですよ」ということが伝わるようにしましょう。

見た目を褒めるのもアリ

プロフ写真を載せている女性に対しては、積極的に見た目を褒めていきましょう。

ただし、褒め方にもコツがあります。

出会い系にいる女性は「かわいいですね!」「めっちゃタイプです!」などと言われることには慣れています。そのため、テキトーに容姿を褒めても「またか」と思われるだけです。

そこで、どこがどうかわいいのか?をできるだけ具体的に挙げて褒めるようにします。

たとえば、「写真でつけているピアスかわいいですね!」や「2枚目の写真のワンピースすごく似合ってますね!」といった具合です。

褒めポイントが具体的であればあるほどお世辞っぽさがなくなり、女性も素直に受け取ってくれます。

見た目を上手に褒めることで女性からの返信率が格段に高くなるので、ぜひ褒め方を工夫してみてください。

個人的な悩みには話を合わせておく

出会い系の女性の中には、個人的な悩みをプロフィールに書いている女性がいます。

  • 最近彼氏と別れた
  • 彼氏と上手くいっていない
  • 旦那と上手くいっていない
  • 大学などに入ったばかりで遊ぶ友達がいない

こういった女性はセフレになってくれる可能性がとても高いので、かなり狙い目です。

愚痴を聞いてあげることで心の距離を一気に縮めることが可能なので、ぜひその話題に食いついていきましょう。

そうは言っても、単に「話を聞きますよ」と言ったところで、相手の方も見ず知らずの相手にそうやすやすと悩みを打ち明けてはくれません。

そこで効果的なのが、「実は自分も同じで~」と話を合わせていくやり方です。

同じような体験をしている仲間だと感じてもらえれば、「ちょっと話してみようかな?」と思ってもらうことができます。

いったん悩みを共有すると一気に親密になれるので、すぐに会う約束までこぎ着けることができるはずです。

LINEなどの連絡先を聞くのは5通目以降にする

ポイントが惜しくても、LINEなどの連絡先をすぐに聞くのはNGです。

最低でも5通目以降まで我慢しましょう。

出会い系にいる女性は毎日のように男性からメッセージを受け取っています。そしてそのうちの多くが2,3通目ですぐに連絡先を聞いてきます。

そのため、女性はすぐにLINEを聞いてくる男性に正直うんざりしています。

最低でも5通目まで待つことで、「すぐにLINEを聞いてきた」という理由で足切りされずに済むようになります。

ちなみに、女性の方からすぐにLINE交換を切り出してきた場合、高確率で業者か割り切りです。サイト上メッセージで値段交渉などをすると運営に取り締まられるので、早々にLINEに移行しようとするのです。

女性はメッセージにお金がかかりませんので、自分の方からLINE交換を切り出してくる一般女性はほとんどいないと思ってください。

手応えがなければ早めに損切りする

出会い系サイトではメッセージ一通ごとにお金がかかるので、引き際も重要です。

5通以上メッセージをやりとりしたのにまだLINEの交換を渋るような場合は、その時点で見切りをつけて引き上げましょう。

女性の中には、ただのおしゃべりツールとして出会い系を使っていて、最初から男性とリアルで会うつもりがない人もいます。

やりとりしていて「会えそうにないな」と感じたら、すぐに見切りをつけましょう。

簡単に会えてセフレにしやすい女性は他にいくらでもいるので、さっさと損切りして次のターゲットに移ることが肝心です。

会う約束&当日のデート

さて、セフレ候補の女性とサイト上でメッセージを交わして、5通目当たりでLINEを交換したとします。

そこからは、LINEの方でやりとりしてデートの約束を取り付けることになります。

ここでは、デートの約束の取り付け方と当日のデートのポイントについて見ていきましょう。

会話が盛り上がったタイミングでデートに誘う

デートに誘うタイミングは“会話が盛り上がったとき”です。

女性がデートをOKするかどうかは、そのときの気分にかなり大きく左右されます。盛り上がっている最中に誘えば相手も断りにくくなります。

誘うのがあまり遅すぎても相手の気分が萎えてしまいます。LINE移行後に話が盛り上がったらタイミングを逃さずに誘うようにしましょう。

いきなり「会ってみない?」では唐突すぎるので、自然な流れでデートに誘うようにしてください。

話が盛り上がっているときに食べ物やお酒の話題を振ることで、デートに誘いやすくなります。

もし断られた場合は、5日~1週間ほど間を置いてからもう一度誘ってみましょう。それでも断られるようであれば、会うつもりがない可能性が高いです。

事前に電話しておくと成功率がアップする

チャンスがあれば事前にLINEで通話しておくと、会える確率がぐっと高まります。

どれだけ会話が盛り上がっていても、メッセージのやりとりの段階では、まだ相手のことを生身の人間としてあまり意識していません。

通話して声を聞くことで、女性はあなたに対して親近感を覚えるようになります。

メッセージだけの相手よりも一度通話した相手の方が価値が高いので、同時進行している他の男性と差別化することもできます。

また、女性からすると「メッセージ→会う」よりも「メッセージ→電話→会う」の方がはるかに安心感があります。

一度通話しておくだけで、デートに誘ったときに気軽にOKしてくれる確率が跳ね上がります。

チャンスがあれば「よかったら通話しない?」と誘ってみましょう。LINEのトークが盛り上がっていて、2人ともリアルタイムでLINEを送り合っているような状態のときが狙い目です。

デートプランは週末の夕方以降の食事デートがベスト

デートプランとしては、

  • 週末(翌日が休日がベスト)
  • 夕方以降
  • 食事デート(お酒も飲めるお店ならなお良し)

がベストです。

待ち合わせ場所はホテルが近くにあるような繁華街の駅前がいいですね。人通りの多い場所を指定することで、相手に安心感を与えることができます。

お洒落すぎるお店よりも、2人の距離が近くてフランクに会話ができるようなお店の方がいいです。個室の居酒屋あたりがおすすめです。

できるだけお酒が飲めるお店を選びましょう。お酒が入った方が圧倒的にセックスに持ち込みやすくなります。

「〇〇ちゃんってお酒好き?」などとあからじめ聞いておくと、お酒デートに誘いやすくていいですね。

夜にお酒を飲むことにOKしてくれた場合、(よほどの世間知らずでもない限り)女性の方もセックス込みで考えているパターンがほとんどです。セフレにしやすいタイプの女性なので、期待ができます。

相手が好みでなかった場合はまた別ですが、先につなげたい相手であれば割り勘にせずに奢るのが基本です。

セックスまでの流れ

デートでご飯を食べたりお酒を飲んだりして盛り上がったら、その後でホテルに誘います。

そこで問題になるのが、どうやってセックスに誘うのか?です。

出会い系の場合、女性の方も「セックスするかもしれない」ということを承知の上で会いに来ています。ホテルに誘うのは自然なことなので、躊躇わずにどんどん攻めていってOKです。

とはいえ、セックスできるかどうかは最終的には女性の気分次第。ホテルに誘う前にある程度の流れを作っておく必要があります。

デートの時に以下のポイントに気をつければ、かなりの高確率でセックスに持ち込めます。

過去の恋愛話からちょっとエッチな話題に持っていく

ホテルに誘いやすい空気を作るためには、デートの終盤当たりで少しだけエッチな話に持っていくのがお約束です。

その際、過去の恋愛話から入ると自然な感じになります。

女性は基本的に恋愛話をするのが好きなので、「どんな人がタイプなの?」「彼氏さんとはどんな感じだったの?」などと話題を振れば、喜んで話してくれるはずです。

共感しながら話を聞きつつ、大分打ち解けてきたと感じたら少しだけアダルトな話題を振ってみましょう。

ただし、いきなり下ネタ全開で行くのではなく、「SとMならどっちのタイプ?」などといった感じで冗談っぽく口にします。

お酒が入っているとアダルトトークで盛り上がりやすくなるので、ほろ酔い気分になった頃を見計らって話題を振ってみましょう。

お店を出た後で手をつないでみる

最初のお店でいい感じに盛り上がることができたら、お店を出たところで手をつなぐことにチャレンジしましょう。

2人の間の空気にもよりますが、軽いスキンシップの延長のような感じで「手をつないでいい?」などと言えばOKです。軽い感じで言えば、断られても冗談で流せます。

すでに親密度が上がっていれば、たいていは応じてくれるはずです。本気で嫌がっていなければ、ちょっと強引に手を取ってしまうのもアリです。

ここで手を握ることができたら、ほとんど確実にホテルまで連れ込むことができます。

ただし、女性の気が変わらないように、お店を出た後もテンションを維持するように努めます。恋人気分で楽しく会話をつづけましょう。

ホテルに誘うときは真剣に言う

ここまで冗談っぽく話を進めてきましたが、いざホテルに誘うときだけは真剣さを持って誘うべきです。

女性がいちばん恐れているのはヤリ捨てされることです。

ホテルの近くまで来たら、女性の目をしっかり見て「もう少し一緒にいたい」と真剣な感じで伝えましょう。

それまでの態度とギャップがあるくらいがちょうどいいです。

このとき、へらへらしていたり冗談っぽくしていると「遊びでセックスされる」と思われてしまい、女性に不安を与えてしまいます。

グダが発生したときは女性に“言い訳”を与えてあげる

ホテルに誘ったときに「えー、でも会ったばかりだし~」などと軽い言い訳をする女性も多いです。ナンパ用語で「グダ」というやつですね。

会ったばかりの男性とセックスするために“言い訳”を必要とする女性は多いです。

女性のグダは形式だけのことが多いので、女性に“言い訳”を与えることを意識しながら説得しましょう。

  • 会ったばかりだし→何が悪いの?お互いにいいなと思っているなら問題ないよ。
  • 付き合ってないし→別に付き合ってなくてもエッチしていいんだよ?相手に好意があるかどうかだよ。
  • 彼氏がいるから→今日だけは特別。こんなに可愛い子を常にそばに置いておかない彼氏の方が悪いよ。

女性は「セックスに応じたら軽い女になってしまうのではないか?」ということを心配しています。

なので、「セックスするのが当たり前」「なんにも変なことじゃない」という態度で、相手の方がおかしなことを言っているかのように説得することが重要です。

「自分は〇〇ちゃんのこと、いいなと思ったよ。〇〇ちゃんも俺のこと、少しはいいなと思ってくれたんじゃないの?」などと聞いて、相手に好意があることを認めさせると、説得がしやすくなります。

また、ホテル前でグダが発生したときは「周りの人が見ているからとりあえず中に入って話そう。〇〇ちゃんがイヤだったら何もしないから」とホテルに誘導するのがおすすめです。

いったんホテルに入ってしまえば既成事実ができたも同然なので、どうとでも説得できます。

ただし、本気で嫌がっている場合のグダもあるので、その気配を察知したら素直に撤退するようにしましょう。強引にセックスするのは絶対にNGです。

セフレにするためには初回エッチの満足度を高めること

相手をセフレにできるかどうかは初回のホテルでの立ち回りにかかっています。

初回のセックスはとにかく相手のことを考えて動き、ひたすら優しく接しましょう。

そこで気をつけてほしいのは、相手の女性の精神的な満足度を高めることに力を尽くすことです。

出会い系にいる女性は、単にセックスがしたいだけというよりも、心の充足を求めていることが多いです。普段の生活の中に何かしらの不満や寂しさがあり、それを埋めてくれる相手を探しています。

セックスを通じて寂しさを埋めてあげることができれば、女性の方ももう一度会って同じような体験をしたいと思ってくれます。

初回エッチの満足度を高めるように努力すれば、1回きりで終わらずにそのままセフレにすることができます。

出会い系サイト・マッチングアプリでセフレを作る際の注意点

出会い系サイトやマッチングアプリでセフレを作るときには、以下の点に注意しましょう。

  • 業者に騙されないように気をつける
  • 身バレしないように個人情報は秘密にする
  • 真剣度の高い女性は極力避ける
  • コンドームは必ずつけるようにする
  • 相手の女性の意思を尊重する

注意点1:業者に騙されないように気をつける

すでに述べたように、出会い系サイトには多かれ少なかれ必ず業者がいて、男性の利用者を騙そうとしています。

業者の被害に遭わないために以下の点に気をつけてください。

  • セクシーな画像やプロフの女性は避ける
  • アダルト掲示板に投稿している女性は避ける
  • すぐにLINEを聞いてくる女性は避ける
  • 条件を言ってくる相手は避ける
  • 別のサイトのURLが送られてきてもクリックしない

会うにあたって何かしらの条件を提示してくる女性は、まず間違いなく業者か割り切りです。

ストレートに「ホ別いちご」などと金額交渉をしてきた場合は、その時点でブロックすればOKです。

しかし、中にはもう少し巧妙な手口を使ってくる業者もいるので注意してください。たとえば、以下のような条件を言ってきます。

『セックスフレンドとして継続的にお付き合いしたいので、初めて会うときに次の約束の担保として2万円だけ渡してください。受け取ったお金は2回目以降のホテル代として使います。』

もちろん、初回に2万円を受け取った時点で相手はドロンし、2回目以降はありません。

また、別の悪質サイトに誘導しようとしてくる業者も多いです。

メッセージやLINEで怪しげなURLを送ってきたら業者確定です。URL先のサイトにうっかり登録したりすると多額の料金を請求されます。

「こっちのサイトにエッチな写真をたくさん載せてるよ」「サイトの調子が悪いからこっちで話そう」などと言われても応じないようにしましょう。

注意点2:身バレしないように個人情報は秘密にする

セフレを作る上で個人情報はできるだけ秘密にすべきです。

セフレを作ること自体にやましいところはありませんが、関係性がこじれてトラブルになりやすいのも事実です。

特に、セックスを重ねているうちに相手の女性が本気になってきてしまうケースは多いです。

本名や住所を知られていると、関係がこじれたときに思わぬトラブルに発展し、日常生活に影響してくる可能性もゼロではありません。

筆者のこれまでの経験上でも、セフレはお互いの個人情報を知らない方がうまくいくケースが多いです。

相手の女性に住所や勤め先を聞かれても、適当にぼかして伝えることをおすすめします。

注意点3:真剣度の高い女性は極力避ける

出会い系サイトにいる女性は、遊び目的でカジュアルな出会いを求めている女性が多いです。

ですが、たまに真面目すぎる女性が紛れ込んでいることもあります。

遊び慣れていない女性はすぐに真剣になってしまうため、セフレ候補には向いていません。

真剣度の高い女性にうっかり手を出してしまうと、相手の女性の怒りを買いやすく、トラブルに発展する可能性が高いです。

特に、出会い系サイトではなくマッチングアプリを使っている場合は、真面目な女性が多いので注意して相手を選ぶ必要があります。

お互いに納得した上でセフレになれる女性もたくさんいるので、わざわざ真剣度の高い女性を狙ったりしないようにしましょう。

注意点4:コンドームは必ずつけるようにする

出会い系で会った女性とセックスするときは、コンドームを必ず使いましょう。

万が一にでも相手を妊娠させてしまうと、セフレどころの話ではなくなってしまいます。

セックスだけの関係だからこそ、そのあたりの線引きはしっかり行いましょう。

また、コンドームを使うことで性病対策にもなります。

出会い系にいる女性には経験人数が非常に多い人もいます。可能性は低いとはいえ、用心にこしたことはありません。

注意点5:相手の女性の意思を尊重する

当たり前ですが、セックスするにあたっては女性の意思を尊重しなければなりません。

たとえば、ホテルに誘うときにはある程度の強引さが必要です。女性の方も「自分は流されただけ」という言い訳がほしいので、それを求めています。

とはいえ、相手が口だけで嫌がっているのか、本気で嫌がっているのかはしっかり見極める必要があります。

相手が本気で拒否していると感じたら、自分の気分がどれほど盛り上がっていても、速やかに引くて「じゃあ帰ろっか」と言える余裕を持ちましょう。

出会い系サイトで探せば、セフレを求めている女性はいくらでも見つかります。くれぐれも引き際を間違えないようにしてくださいね。

まとめ(セフレが作れる出会い系サイト・マッチングアプリ比較表付き)

以上、セフレの作り方・探し方について解説してきました!

最後におすすめの出会い系サイトとマッチングアプリの比較表を載せておきます。

まずは出会い系サイトから。

出会い系 おすすめ度 登録時の無料ポイント 特徴
PCMAX ★★★★★ 100pt
(1000円分)
・セフレ探しの最強ツール
・アダルト目的の女性ばかり
・初心者でも簡単にセフレが見つかる
ハッピーメール ★★★★ 120pt
(1200円分)
・出会い系サイト最大手
・女性が多くてセフレ候補を見つけやすい
・地方にも強い
ワクワクメール ★★★ 120pt
(1200円分)
・ハッピーメールとよく似た老舗サイト
・無料ポイントをもらえる機会が多い
・遊び目的から恋活まで対応
イククル ★★★ 80pt
(800円分)
・10代後半の若い子やギャル多め
・会員数はやや小規模
・3000円以上の課金でポイント2倍
YYC ★★ 300pt
(300円分)
・アダルト色の薄い出会い系
・キレイめのお姉さんが多い
・セフレを作る難易度は高め

上記5サイトがセフレ探しの主戦場になります。

出会い系は基本的に遊び目的の出会いの場なので、どれを選んでもセフレにできるタイプの女の子は見つかります。

初心者の人はPCMAXとハッピーメールに最初に登録するのがおすすめです。

PCMAXは本当にセフレが簡単に作れてしまうサイトです。まだ使っていない人は絶対に登録しておきましょう。

ハッピーメールはPCMAXほど激アツというわけではありませんが、利用者が多くてセフレ候補を見つけやすいです。

まずはPCMAXとハピメを試してみて、出会い系サイトに慣れてきたら、無料ポイントの回収がてら他のサイトにも手を伸ばしてみるといいと思います。

次に、マッチングアプリの比較表も載せておきます。

マッチングアプリ おすすめ度 月額料金 特徴
Pairs ★★ 3590円/月 ・マッチングアプリ最大手
・会員数が非常に多い
・恋活メインなのでセフレを探しにくい
Omiai ★★ 3980円/月 ・アラサー世代がメイン
・キレイめの女性が多い
・真剣度が高いのでセフレを探しにくい
タップル誕生 ★★ 3700円/月 ・比較的カジュアルな出会いに対応
・20代前半が多い
・ルックスの良さが求められる
Tinder 無料 ・ユーザー層がチャラい
・イケメン以外はかなり厳しい
・知り合いにバレやすい

マッチングアプリでのセフレ作りは上級者向けになります。

女性を口説き落とすことに情熱を注いでいるネトナン勢には人気がありますが、セフレを作るだけなら圧倒的に出会い系の方が簡単です。

初心者の人はまずはPCMAXでセフレを1人2人作ってみるところから始めましょう。

要領さえつかめれば、みなさんが思っている以上に簡単にセフレを作ることができます。

みなさんもぜひセフレを作って、楽しいセックスライフを満喫してくださいね。

-セフレ

Copyright© Love Cannon(ラブ・キャノン) , 2020 All Rights Reserved.