ハッピーメール

ハッピーメールで業者・サクラ・詐欺を見分ける大事な8つのポイント!

ハッピーメールで出会いを見つけたいけど、サクラとか詐欺とか大丈夫かな?」

こんな不安を持っている人、多いんじゃないでしょうか?

そんな人はこの記事を読んでから登録してみてください!

サクラや業者はわかりやすい特徴があるので見分けられます

ハッピーメールにサクラはなし!業者には要注意

「そもそもサクラと業者何が違うの?」という人のために、両者の違いについて軽く説明しておきましょう。

サクラ 業者
サイト運営側が収益のために雇うダミーのユーザー。女性登録者数が多いように見せかけたり、メッセージを長引かせて課金を増やすようなやりとりをさせる。 サイト運営をしている人と全く関係のない悪質な第三者ユーザー。一般ユーザーになりすまして情報の抜き取りや金品トラブルなどを起こす。(個人情報売買・素人を装うデリバリーヘルス・勧誘・デート商法・ビジネス詐欺など)

この二つを混同して「ハッピーメールにサクラがいる」とレビューしている人がたまにいます。

これは間違いで、ハッピーメールにサクラは居ないんです!

ハッピーメールにサクラがいないと言える根拠

ハッピーメールは創業19年の老舗で、登録者数はなんと2,000万人以上

わざわざサクラで人を増やさなくても、多くの男女で賑わっています。

ユーザーからの課金で充分に利益を得ることができるので、サクラを雇わなくても大丈夫なんです。

むしろサクラがいることによって、サイトの評価が落ちるので、ハッピーメールとしてはなんのメリットもないわけですね。

ハッピーメールに潜んでいる悪質業者

ハッピーメールにサクラは居ないのですが、悪質な業者は結構紛れ込んでいます。

主に気をつけるべき業者は以下のようなもの。

キャッシュバッカー

ハッピーメールには、女性がメッセージのやりとりをすると換金可能なポイントが付与される制度があります。

これを利用して、実際に会う気がないのにメッセージを長引かせ、ポイントを稼ぐユーザーのことをキャッシュバッカーと呼びます。

とはいえ、ハッピーメールの換金率は1,000通やりとりして2,000円に満たないほど。

効率が悪いので、キャッシュバッカーはそれほど多くはないと思われます。

キャッシュバッカーの特徴

ハッピーメールでは、メッセージのやり取りや評価が多ければ多いほどポイントがもらえます。

そのためキャッシュバッカーは、メッセージを無理やり長引かせるようなやりとりをしたり、過激な写真投稿をして評価を稼いだりしていることが多いです。

話が噛み合わず、なかなか会う約束やLINE交換をできない場合や、やたらと評価を求めてくる場合は早めに見切りをつけましょう。

商材売りつけ・勧誘系の業者

「良かったらこっちのサイトでやりとりしない?」「儲け話があるんだけど、私のブログ見て」など、他のサイトに誘導したり、怪しいセミナーに誘ってくる業者もいます。

実際デートにこぎつけたのに、特定団体への勧誘や高額商品の契約をさせられるケースもあります。

URLをクリックさせようとしてくるメッセージは、基本的に業者だと思って間違いないです。

風俗(デリヘル系)の業者

こちらは「打ち子」と呼ばれる男性が女性ユーザーを装ってメッセージをやりとりし、風俗営業を持ちかける業者。

待ち合わせに実際くるのは女性なのですが、風俗から派遣されて来たスタッフであり、お世辞にもレベルが高いと言える容姿ではありません(汗)

メッセージのやり取りで2〜3万円の金銭要求をしてくることが多いので、比較的見分けやすい業者ではあります。

ハッピーメールに実在する業者を調べてみた

私が出会い系サイトを利用する際、普段なら怪しさを感じた時点で無視かブロックしてしまいます。

しかし今回は、業者がどのようなメッセージを送ってくるのかを詳しく見るために、少しやりとりをしてみました。

登録直後なのにメッセージが届く

早速ハッピーメールに登録してみたところ、数件のメッセージが送られて来ました。

私の方は、まだプロフィールすら書いていない状態。

このように登録直後なのにもかかわらず、すぐにメッセージを送ってくるアカウントは業者と判断して良いです。

風俗業者特有のテンプレートメッセージ

業者「いきなりすみません!気になったのでメールしました!」

私「こんにちは!大丈夫ですよ^ ^〇〇ちゃん(業者のアカウント名)は彼氏を探してるの?」

業者「私の職場、女の人ばかりで出会いがなくて…。彼氏いない歴も長いので欲求不満なんです!なので、ホテルで一緒に楽しく過ごしてくれる相手を募集してます。」

業者「ホテルが近くにあるので池袋でお会いできると助かります。あと、初めだけホテル代別で2万円だけお願いできませんか?そしたら次からは安心してお会いできますので…。よろしくお願いします!」

登録直後のメッセージは全て業者から

一応来たメッセージ全てに返信をしてみましたが、どれも二通目には待ち合わせ場所の指定と金銭を要求する長文が送られて来ました。

ほとんどが「最初だけ2万円ください。それ以降相性が良ければ月に数回会ってデートしましょう」のようなメッセージで締めくくられていました。

「安心できたら」「相性が良かったら」「2回目以降は普通に」などは大ウソで、一回目のお金を回収したら音信不通になり二度と会うことはありません

全員風俗系の業者が派遣してくる女の子ですからね。

メッセージ内容から業者を特定する方法

業者が送ってくるメッセージには特定の「クセ」のようなものがあります

内容は少しずつ違うのですが、基本的には同じような内容なので、覚えておくと業者の見分けがしやすくなります。

返信が早すぎる

先ほどのように登録直後にメッセージを送って来たり、こちらが送ってすぐに返信してくるアカウントは警戒した方が良いです。

普通はメッセージを受け取っても、気づくのが遅れたり返事を考える時間があったりするものです。

業者はいつでもやりとりできるようにサイトに貼りついて見ているため、すぐにメッセージを返して来ます。

さらに、打ち込みに何分もかかりそうな長文を一瞬で送って来た場合は、業者が用意しているテンプレートを貼り付けている可能性が高いです。

すぐに会いたがる

「今すぐ会えますか?」「〜なら近いので今から会えますよね?」「ドタキャンされちゃって、〇時までなら待てるので来てもらえませんか?」など、今すぐに会うことを要求して来たら怪しいです。

風俗業者は、女の子を待機させている時間が惜しいので、とにかく回転率を上げるためにすぐに会える男性を物色しています

2〜3回のやりとりで、どんな人かもわからないのに会いたがる女性がたくさんいるとは考えにくいですよね。

普通はメッセージのやり取りで人となりが分かってから、落ち着いて待ち合わせの日時を決めるものです。

お金を暗示するワードがある

「負担」「お願い付き」などは、合う代わりに金銭を要求する業者がよく使うワードです。

組織的な業者以外に、援助交際やパパ活目的のユーザーもこのような言葉をよく使います

たとえ「負担なしで」と書かれていたとしても、怪しんだ方が良いです。

そもそも普通のユーザーなら「負担」などと言うワードは使いませんし、金銭のやり取り自体頭にないはずですからね。

業者アカウントを見抜くポイント9選

メッセージと同様、業者が運営しているアカウントにはいくつかの特徴があります

このポイントを覚えておいて、いくつも当てはまるようなら、そのアカウントとはやりとりをしないように気をつけましょう。

①怪しいプロフィール文の内容

ハッピーメールは、プロフィールの文を自分で設定することができます。

自分の年齢や趣味、性格や探している相手の条件などをアピールしている人が大半です。

そんな中「割り切り」「Hがしたい」「欲求不満です」「セフレ募集」など、あからさまな目的を書き込んでいるアカウントは業者だと思って間違いないでしょう。

また「寂しがりやです」「かまってほしい」「なでなでされたい」「優しく抱きしめてほしい」などの明らかに狙ったような文言も警戒しておきましょう。

②怪しいプロフィール写真

こんなプロフ写真に注意!

  • 写真が一枚しかない
  • 露出が多い写真だらけ
  • セレブアピール写真が多い

プロフィール写真にこのような特徴があるアカウントは、業者の確率が高いです。

複数のアカウントを作る必要のある業者は、ネット上で拾って来た画像を使うため、同じ人物の写真が複数枚揃えられません

また、男性の興味を引くために露出の多い写真や際どい写真を多く載せているケースもあります。

ブランド品やリゾート地の写真が多い場合は、ビジネス商材の売り付け業者や、パパ活目当てのユーザーである可能性が高いので注意しておきましょう。

③メッセージが長文

先ほども紹介した通り、長文のメッセージは業者があらかじめ用意した定形文です。

業者は短い時間ですぐに会える人間を探しているため、一人一人に対していちいち打ち込んでいると効率が落ちます。

反応があったらすぐ条件を書いたテンプレートを送ってくるため、こちらのメッセージの内容に全く関係のない文章が送られてくるのも特徴です。

④LINE交換を渋る

ハッピーメールである程度仲良くなると、ラインで直接やり取りしようと言う流れになりますよね。

そこでLINE交換を渋ったり、フリーメールのアドレスを送って来た場合は業者の確率が高いです。

Facebookや電話番号認証が必要なLINEは、身元が調べやすく、捨ててもいいアカウントが作りにくいからでしょうね。

逆にすぐにLINEや他の手段を要求して来た場合は、情報を抜き取る目的かもしれませんので、そちらにも警戒が必要です。

⑤外部サイトに誘導してくる

「こっちのサイトの方がやりとりしやすいから」「これ私のブログだから見て」「これでめっちゃ儲かったんだ」など、URLと共に他サイトに誘導するようなメッセージが来たら業者確定です。

URLを押すと情報が抜き取られるものや、他のサイトに登録させて料金をとるものなど様々な形式があります。

とにかくよくわからないサイトは開かないことを徹底しましょうね。

⑥待ち合わせ場所を固定してくる

待ち合わせ場所をピンポイントで指定してくる場合は、デリヘル系の業者である確率が高いです。

普通なら相手と自分の中間地点や、電車の路線的にお互い都合の良い場所などを相談して待ち合わせしませんか?

業者は自分の風俗事務所がある駅で待ち合わせた方が時間や経費の効率が良いので、ピンポイントで指定して来ます。

都内だと池袋を指定されることが圧倒的に多いですが、その他の地域なら風俗業者の事務所が多い地域を指定してくると思われます。

⑦登録直後のメール

こちらの情報がまだ少ない段階でメッセージを送ってくるのは、ほぼ100%業者だと思って良いでしょう。

そもそも女性ユーザーは、自らメッセージを送らなくても相手側から結構メッセージをもらっています。

好みの男性に自分から声をかける女性がいるにしても、登録してすぐの情報がほとんどない人物に声はかけないでしょうね。

⑧タイプの設定が広すぎる

大抵の女性は、自分の年齢との差がプラス10歳前後の男性との出会いを望んでいるはず。

何歳でも良いです」「どんな体型でも顔でも良いです」というプロフィールは、一見良い人のように見えますが、パパ活や風俗斡旋業者であることがほとんど。

パパ活や風俗従業員をする女性からすれば、お金をもらうだけならどんな相手でも関係ありませんからね。

「こんな自分でもいけるかも」などと安易に考えず、怪しいアカウントは避けるようにしましょう。

⑨アダルト掲示板を利用している

ハッピーメールには色々な掲示板を利用できる機能があり、中でも直接的な表現の多いアダルト掲示板には業者がたくさん紛れ込んでいます

私がアダルト掲示板を覗いてみた体感では、8割近くが業者なのではないかという位に、怪しいアカウントが多いです。

ちゃんとした出会いが目的なら、ピュア掲示板にいる女性とやりとりした方が良いでしょうね。

業者を撃退するのに有効な方法

業者を撃退するポイント

  1. やりとりが噛み合わなければ即切り上げる
  2. 写真をGoogle画像で検索
  3. 怪しい内容は通報する

①やりとりが噛み合わなければ即切り上げる

キャッシュバッカーや風俗斡旋業者の特徴として、「メッセージが一方的」というものがあります。

キャッシュバッカーならこちらの質問を無視し、明確な答えを避けてやり取りを長引かせて来ますし、風俗斡旋業者は長文で場所や金銭を指定して来ます。

普通の会話が成り立たなければ、その時点で業者認定して無視してしまう方が良いでしょう。

②写真をGoogle画像で検索

写真が一枚しかない場合や複数枚の写真が同一人物に見えない場合、Googleの画像検索機能を使ってみましょう。

もしフリー素材や他所から勝手に拾って来た画像を使っている場合、そのユーザーとは関係のないページにリンクするはずです。

ただし、画像に加工を施されている場合は検索に引っかからない可能性もあります。

不安な時は相手に追加の写真をお願いして、反応を見ながら話を進めると良いでしょう。

③怪しい内容は通報する

あからさまな金銭要求や利用規約に違反する内容を送って来たり、他サイトに誘導するようなメッセージが見受けられた場合は即通報してしまいましょう。

少し面倒かもしれませんが、こうすることによって業者やパパ活目的のアカウントを着実に減らしていくことができます。

業者やサクラが少ないサイトやアプリの特徴

Facebook登録がある

Facebookの登録自体が実名でないと不可能であり、虚偽のプロフィールや複数アカウントの制作が厳しくチェックされています。

そのため、Facebookのアカウントを使って登録するタイプのサイトやアプリなら、業者が入り込みにくく安全性が高いと言えるでしょう。

監視体制が厳しい

最近では違反的な利用を防ぐために、24時間365日体制で監視サポートが付いているサイトやアプリがほとんど。

業者はもちろん、既婚者や迷惑行為をしているユーザーなどの通報がいつでも受け付けられるようになっています。

こういった迅速な対応をしてくれるサイトやアプリを利用すると、何かトラブルがあった時も安心ですよね。

メッセージの課金が定額制

「メッセージ〇通で〇円」のように、金額によってメッセージが送れる回数が決められているサイトは、サクラやキャッシュバッカーが多いです。

反対に「月額〇円で送り放題」などのプランを導入している場合、いくらやり取りしてもサイト側に利益がないので、サクラがいないということになります。

お金を気にしてメッセージを詰め込まなくても良いので、やり取りにも余裕が生まれますし、好印象につながるのもメリットですね。

身分証明書よる年齢確認がある

「はい/いいえ」の項目をクリックするだけではなく、きちんと18歳以上であることを身分証明書で確認するサイトやアプリでは、業者との遭遇率がグンと下がります

運転免許証やパスポートなどの画像を送付して、運営サイドが身元を確認しないと利用開始できません。

そもそもアプリに関しては、きちんと年齢確認しないと運営してはいけないので、この作業がないものは違法になります

業者を気にせず使えるオススメマッチングアプリ

ペアーズ

ペアーズは利用率ナンバーワンの恋愛・婚活マッチングサービス。

オエアーズおすすめポイント

  • Facebook・電話番号登録
  • 公的証明書による年齢確認
  • 24時間365日の監視体制
  • 月額制の利用料金

好条件が揃っているため、マッチングアプリ初心者の人にもオススメ

Omiai


Omiaiはファッション雑誌をはじめとした色々なメディアで紹介されている有名アプリ。

Omiaiおすすめポイント

  • Facebook・電話番号登録
  • 公的証明書による年齢確認
  • 24時間365日の監視体制
  • 悪質ユーザーの強制退会
  • 月額制の料金プランあり

Omiaiの月額プランには1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月のプランがあり、1ヶ月なら3,980円/月〜のところ12ヶ月プランなら1,950円/月〜とかなりお得に!

お互いに「いいね」をつけあうとマッチングというわかりやすいシステムも利用しやすくて良いですよ。

-ハッピーメール

Copyright© Love Cannon(ラブ・キャノン) , 2020 All Rights Reserved.