その他出会い

不倫セックスが気持ちいい!ハマる理由と出会い・探し方(きっかけ)

不倫相手とのセックスは、男性女性関わらず刺激的でハマる人が多いですね。

3組の夫婦のうち1組の夫婦が不倫をしていると言われています。

ちなみに、不倫のセックスはバレたら不貞行為として訴えられる可能性があります。

リスクがあっても不倫相手とのセックスは、なかなか止められないということですね。

では、不倫セックスでリスクを減らす良い方法はあるのでしょうか?

具体的に不倫セックスを安全に楽しむ方法について説明していきます。

リスクを減らしながらも不倫セックスをしたい人は、是非この記事を参考にしてください。

不倫とセックスフレンドの違いとは何か

不倫とセックスフレンド(セフレ)の大きな違いは、恋愛感情が関係するかです。

結婚しているのに、別の異性に恋をしてセックスをするのが不倫です。

ただ単に気楽にセックスを楽しみたい、という目的で会うのがセフレですね。

相手の態度を分析すると見抜ける

自分が不倫相手として見られているのか、単なるセフレなのかは相手の態度で分かります。

ホテル直行コースなのか、セックスのないデートもあるのか思い返してみましょう。

自分の体調が悪くセックスが出来ない時、相手の態度はすぐに変わるでしょうか?

体調を労わってくれたり、普段からマメに連絡をくれればセフレ扱いはされていないでしょう。

ピロートークも無くセックスのためにしか会ってくれないなら、不倫相手ではなく単なるセフレです。

不倫相手と出会う可能性が高い場所やシチュエーション

セックスにハマるような不倫相手と、どこで出会えるのかと不思議に思うかもしれませんね。

実は不倫相手と出会うチャンスは、身近なところにたくさんあるのです。

では、不倫をしている人の多くが相手と出会った場所を挙げていきます。

1位 職場

職場は正社員やパートに関係なく、不倫相手と出会う場所になります。

仕事の時間と家族と過ごす時間を比較してみると、職場での時間の方が長いものですね。

どうしても異性と親しくなるチャンスが増えるので、不倫関係になる場合が多いのです。

さらに、同じ仕事をやり遂げたという気持ちも不倫へのきっかけになりますよね。

いつの間にか同僚と親しくなって、不倫セックスにハマる人がたくさんいるのです。

また、同じ職場にいるとお酒を一緒に飲む機会も増えます。

わざわざ個人的に行かなくても、忘年会や新年会で同僚と飲む機会はありますよね。

その時に普段とは違う姿を見て、急に好きになってしまうというケースも多々あります。

その流れでセックスをしてしまい、ドロドロの不倫関係になるカップルもたくさんいます。

2位 出会い系サイト・マッチングアプリ

既婚者でも何気なく出会い系サイトやマッチングアプリに登録し、不倫関係になることがあります。

最初は興味本位で登録したものの、だんだんと恋愛関係になるケースが多いのです。

仲良くなるうちに共通の悩みを持っていたり、相談し合うようになり関係が深くなります。

そうなると気持ちが盛り上がっているので、実際に会った日にセックスに至るのは想像に難くありませんね。

3位 同窓会

同窓会で不倫相手と出会い、セックスに至るというケースも多々あります。

昔の恋人と会ったり、同級生が急に魅力的になっていて不倫が始まるのです。

同窓会に久しぶりに行って、以前は意識していなかった異性にドキッとすることがありますよね。

学生時代は会話をするチャンスがなかった相手と、仕事の話などで盛り上がる可能性があります。

そのまま帰りに二人で飲みに行くような流れになれば、お酒の勢いでセックスをしてしまうことも多いのです。

このように、身近にいくらでも不倫相手と出会うチャンスは転がっているということです。

不倫セックスにハマると別れられなくなる5つの理由

不倫セックスにハマってしまうと、別れられなくなる場合が多いのはなぜでしょうか?

5つの理由を、体験談を含めて説明していきます。

  • 男と女でいられる
  • 現実逃避ができる
  • 自らに素直になれる
  • 後腐れがない
  • 背徳感にハマる

止められない理由1 男と女でいられる

「旦那には女性として見られていないので、不倫相手とのセックスで自分が女性であることを再確認しています」(Sさん 29歳)

男性も女性も結婚してしまうと、配偶者を異性として見れなくなりがちです。

特に子供のいる家庭では、セックスレスになって何年も経過している場合が多いのが現実。

でも不倫相手は異性として見てくれるので、セックスが楽しくて関係が断てなくなるのです。

止められない理由2 現実逃避ができる

「仕事でも家庭でも嫌なことだらけですが、不倫相手とセックスをしている時だけは全てを忘れられます」(Mくん 32歳)

この男性のように、不倫セックスは非日常的なので現実のストレスから逃がしてくれます。

職場でも気を使い家庭でも気を使っている人にとっては、最高のリフレッシュ方法になるということですね。

止められない理由3 自らに素直になれる

「旦那には絶対にお願いできないことを、不倫相手にはお願いできるのでセックスが気持ちよくて別れられません。」(Tさん 35歳)

夫婦として生活していると、セックスの時に自分の本性を出すのが恥ずかしくなるものです。

性癖や願望などを相手にリクエストするのが恥ずかしくなります。

年月が経っている夫婦は特にその傾向が強く、セックスが事務的になりがちです。

でも、不倫相手とは新鮮なセックスができて素直になれる人が多いですね。

お互いにセックスの経験もありますから、こうして欲しいと伝えれば望み通りのセックスをしてくれるのです。

止められない理由4 後腐れがない

「不倫相手とは体の関係と割り切っていますし、恋愛感情もありますが家庭優先というルール内で遊べるので気が楽です」(Rくん 33歳)

お互いに既婚者の場合は、家庭を壊さないというルールでセックスを楽しめます。

ダブル不倫になれば、お互い帰らないといけない時間も理解し合えるので揉めにくくなりますね。

素直に性欲を満たすために会えるので、不倫セックスにハマってしまう人が多いのです。

止められない理由5 背徳感にハマる

「不倫はいけないこととお互い分かっていて、セックスを楽しむのが最高なので何年も続いています」(Eさん 32歳)

この女性が語っているように不倫はリスクもあるのですが、その背徳感が興奮を誘います。

いけないことをしている、というスリリングな感情にハマってしまう人が多いということですね。

安全な夫婦のセックスでは飽きてしまった、と感じている人は不倫から抜け出せなくなります。

不倫セックスを断ち切る方法

刺激的な一方で、身近な人との不倫は非常に大きなリスクが伴います。

ですから、何とか職場不倫や元同級生との不倫は避けた方が良いです。

万が一の時に逃げ切れなくなり、大変なことになります。

それで今の不倫相手との関係を断ち切りたいならどうすれば良いでしょうか?

不倫の代償をじっくり考える

不倫がバレたら社会的制裁を受ける可能性が高いです。

社内や取引先なら仕事を失うかもしれません。

自分だけでなく、配偶者や子供の将来にも影響が及ぶということも考えましょう。

身近で不倫してバレたら、自分の親や兄弟などにも非常に恥ずかしい思いをさせます。

さらに、慰謝料を請求されたら経済的損失もかなりのものになります。

不倫に伴う代償について考えると抜け出せる可能性もあるのです。

没頭できる趣味を見つける

不倫を止められない理由の一つとして、現実逃避が挙げられていましたね。

つまり、別の方法で熱中できるものがあれば不倫セックスに頼る必要がなくなります。

何か熱中できる趣味を見つけて、不倫セックスを断ち切れたという人もいるのです。

ただ、不倫セックスはリスクだけはないので厄介です。

リターンもあるので、不倫セックスのリターンについて紹介していきます。

不倫セックスにはリスクだけなくリターンもある

不倫相手とのセックスは魅力的ですが、リスクがあるということを説明してきました。

でも、不倫セックスならではのリターンもあります。

4つのリスクと4つのリターン

これから、不倫セックスにはどのようなリスクとリターンがあるのかを挙げていきます。

リスク1 家族がバラバラになってしまう

不倫セックスが家族にバレると、家族が崩壊する可能性が高いですね。

特に子供がいる家庭の場合は、子供にも大きな影響を与えてしまいます。

配偶者だけではなく、自分の親族からも絶縁されるというリスクもあるのです。

リスク2 仕事を失う可能性もある

不倫セックスが会社にバレると仕事に大きな悪影響が出ます。

同じ職場の相手と不倫をしていると、会社からペナルティを与えられる場合もあります。

最悪のケースでは、降格させられたりクビになることすらあるのです。

リスク3 友達を失ってしまう

不倫をしている人を信用できないと考える人は多いものです。

友達に不倫していることを話して、絶交されたという人もいます。

過去に浮気や不倫をされたことがある友達に知られると、友人関係は終わる可能性が高いですね。

また、不倫にハマると友達付き合いも悪くなります。

それで、バレなくても友達が少なくなっていく可能性があるのです。

リスク4 裁判になり慰謝料が請求される

不倫が相手の家庭に知られると、裁判沙汰になる可能性も高いものです。

慰謝料は最低でも50万円はかかりますし、多いと数百万円になります。

裁判で不倫相手とのセックスについて説明するというのも屈辱ですよね。

不倫で裁判になると経済的にも精神的にもダメージを受けます。

そう考えると、不倫セックスは良いことが何もないように感じますね。

でも、同時にリターンもあるのです。

リターン1 自分に自信が持てる

不倫相手とのデートやセックスをしていると、自分がまだまだ異性として見られるという自信が取り戻せます。

そうすると、自分に自信が付くので他の人にやさしくなれます。

モテる同僚などに嫉妬をすることもなくなるので、人間関係も円滑になるのです。

これは、不倫セックスならではのメリットですね。

リターン2 寂しくなくなり周りからウザがられない

結婚して夫婦生活がうまくいかないと、寂しくなります。

男性なら後輩を無理に飲みに誘って嫌われるということもあります。

女性でも、寂しいのでいつもママ友に依存してウザがられる場合も多いです。

ただし、不倫相手とのセックスがあれば寂しさは消えます。

周りを無理やり誘うこともなくなるので、人間関係が上手くいくのです。

リターン3 セックスレスが解消される

不倫相手とのセックスのおかげで配偶者とのセックスレスが解消されるということもあります。

気持ちの良いセックスは不倫相手として、配偶者とはコミュニケーションを目的としてセックスが出来ます。

配偶者に理想を求めすぎてセックスレスになった人は、理想を下げることで解消できる可能性があります。

気持ち良くしてもらうのは不倫相手にお願いできるので、気楽に配偶者とセックスできるようになります。

リターン4 家族にやさしくなれる

不倫セックスで満たされると、心に余裕ができます。

それで、今まで家族にイライラしていた人がやさしくなれるケースが多いのです。

欲求不満が解消されて、少しの不満は我慢できるようになるからです。

家族に不満をぶつけなくなれば、家庭も円満になりますね。

このように、不倫はリスクだけではなくてメリットもたくさんあります。

もちろん、バレなければという条件付きです。

ダブル不倫でセックスを楽しむための相手の探し方

ダブル不倫のセックスにはメリットもありますが、相手の探し方には工夫が必要です。

重要なのは、安全な相手を探すということです。

身近な相手と不倫をするとリスクが非常に高いですね。

また、手っ取り早く相手を見つけるということも重視したいものです。

どんな方法があるのでしょうか?

老舗の出会い系サイトを使う

自分のプライベート情報の公表を最低限にして、不倫相手を見つけるには出会いサイトが一番です。

職場不倫は揉めてバレたり、同僚に目撃される可能性があります。

共通の知り合いがいない出会い系サイトが安全で、手っ取り早く相手を見つけられます。

後腐れもありませんし、セックス目的で登録している人が多数いるからです。

ただ、信頼できる出会い系サイトにしないとお金の無駄になったり、出会えない可能性もあります。

PCMAX なら不倫セックス相手を見つけられる

信頼できる出会い系サイトの中で、アダルト要素が強いのがPCMAXです。

登録者の年齢層も、男性は20代から50代で幅広いですね。

女性の年齢層は10代から40代とこれまた広い年齢層です。

そして、割り切ってセックスを楽しみたい人が登録する傾向が強いのです。

不倫は家庭を壊さないのが基本ですから、遊び感覚で登録している人が多いPCMAXは便利です。

会員数は1000万人を超えており、近所で不倫相手を見つけることもできます。

ハッピーメールでも相手は見つけられる

ハッピーメールも信頼できる出会い系サイトで、不倫相手を見つけることができます。

1,900万人の登録者がいますので、出会えるチャンスが増えます。

ただ、本気の恋人を見つけるため登録している人も多いのです。

独身が登録しているケースが多いので、ダブル不倫相手を見つけるには時間がかかります。

Jメールも不倫探しに役立つ

Jメールは600万人の登録者がいます。

しかも、既婚者は不倫セックスを求めて登録しています。

ですから、Jメールでもダブル不倫相手を見つけることができるのです。

ただし、登録者数がPCMAXに比べて少ないですね。

近所に条件の揃った登録者が見つかる可能性が少し低くなります。

不倫相手とセックスがしたい場合の安全な出会い方

これまで説明してきたように、不倫セックスには独自の魅力があります。

止められない人がたくさんいるほど、刺激的なセックスが楽しめます。

でも、知り合いとの不倫はかなりリスクが高いということも分かりましたね。

そのリスクを回避して不倫相手を見つけるには、出会い系サイトが最適でした。

まだ出会い系サイトを利用したことがない人もいるかもしれません。

登録は無料ですから、とりあえず登録してみてどんな人がいるかチェックしてみましょう。

-その他出会い

Copyright© Love Cannon(ラブ・キャノン) , 2020 All Rights Reserved.