Jメール

【令和2年版】Jメールの口コミと評判@料金や利用年齢層も解説

「Jメールって本当に出会えるの?」と疑問に思っていませんか?

この記事では、Jメールの評判や口コミを調査し、実際に使えるサイトなのかどうかを検証していきます。

業者やサクラの見分け方や、出会うまでの流れやコツなども紹介するので、Jメールが気になっている人はぜひ目を通してみてください。

Jメールの料金やユーザーの年齢層を解説

具体的な評判を見ていく前に、Jメールの料金や年齢層などをチェックしておきましょう。

Jメールの基本情報

会員数 600万人
運営開始 2000年
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
特徴 ・遊び目的のユーザーが多い
・ワンナイトやセフレ探しにも使える
・やや上級者向けのサイト(その分競争率は低い)

Jメールはすでに20年近くの運営実績があり、信頼できる老舗の出会い系サイトです。

会員数は600万人。国内では5番目くらいの規模になります。

最大手のハッピーメール(2000万人)やPCMAX(1400万人)に比べるとさすがに負けますが、女性会員の数もかなり多いです。

他の大手出会い系に比べると、Jメールはやや上級者向けのサイトと言えます。というのも、キャッシュバッカーがやや多めで、他のサイト以上に見極めのスキルが求められるからです。

簡単にエッチできる相手を見つけたい!という初心者の人には、難易度の低いPCMAXやハッピーメールの方をおすすめします。

とはいえ、コツさえつかめばJメールでも普通に会えますし、女の子とエッチすることも可能です。

最大手のサイトに比べるとライバルになる男性会員が少ないので、見極めさえ上手にできれば、競争率が低くて出会いやすいサイトでもあります。

出会い系に興味がある人ならJメールを使ってみる価値は十分あると言えます。

Jメールの料金体系

操作 料金の目安
プロフィールの閲覧 10円
メッセージを送る 70円
メッセージを読む 無料
掲示板に書き込む 50円(1日1回無料)
ピュア掲示板を見る 10円
アダルト掲示板を見る 30円

Jメールの料金は以上のようになっています。全体的に良心的な価格設定です。

ただし、メッセージに1通70円かかります。

最大手のPCMAXやハッピーメールなどは1通50円なので、少しだけ高めの設定と言えるかもしれません。

プロフィール閲覧にもポイントを消費しますが、足あとからプロフィールを見に行く場合は消費しません。

また、掲示板の種類によって消費ポイントが変わる点も独特です。アダルト掲示板は閲覧に30円かかる上に援デリ業者などが多いので使わないのが得策です。

Jメールの年齢層

次に、Jメールの利用者の年齢層を見ていきましょう。

Jメールの女性の年齢層

女性の年齢 全体に占める割合
18~19歳 4%
20~24 22%
25~29 26%
30~34 23%
35~39 14%
40~ 11%

Jメールの女性会員は、10代~20代が約5割を占めています。

残りは、30代が約4割、40代以上が約1割です。

20代の若い子が中心ですが、他の出会い系に比べると30代以上の利用者も多いサイトになっています。

会員のルックス的には、ギャルっぽい派手な子や、大人しめの女子大生、キレイめのOLなど幅広い女性が登録しています。

Jメールの男性の年齢層

男性の年齢 全体に占める割合
18~19歳 5%
20~24 13%
25~29 24%
30~34 23%
35~39 17%
40~ 18%

Jメールの男性会員は、10代~20代が約4割、30代が約4割、40代以上が約2割となっています。

女性の年齢分布とそこまで差がありません。

男女ともに年齢分布のバランスがよく、どの年代でも自分に合った年齢の相手が見つかるでしょう。

Jメールの口コミ・評判を細かく徹底検証

Jメールを使う上で気になるのは利用者の声です。

ここでは、実際にJメールを使っている人の口コミを紹介しながら、ネットでの評判がどうなのかを検証していきましょう。

Jメールで良い思いをしている口コミ

『既婚者ですが、普通に出会えます。半年ですでに5人の女性と会って食事をしました。もちろんその先も。業者やキャッシュバッカーもいますが、スルーすれば問題ありません。

参照元:App Store

『ここ使ってかなり遊べています。近場の人と何人も会いました。相手を選んでメールすれば割と簡単にアポまで取り付けられます。他のアプリよりも出会いやすいと思います。

参照元:App Store

以上はJメールで良い思いをしている男性による口コミです。

出会い系ですので、一人目の口コミのように会った女の子とそのままエッチをしている男性が多いようです。

Jメールでは男女ともに気軽に遊べる相手を探している人が多いので、ワンナイト狙いなら使いやすそうですね。

全体として、Jメールでちゃんと出会えている人は複数人の女の子とコンスタントに出会えている印象でした。

コツさえわかっていれば、Jメールは比較的出会いやすいサイトと言えそうです。

Jメールで悪い思いをしている口コミ

『1万円ほど課金しましたが、全然会えませんでした。本当はサクラだらけなのでは?と疑いたくなるレベルです。時間もお金も無駄にしました。もうやめます。

参照元:App Store

『地方だからなのか、風俗業者とCBが多いです。女性からメッセージが届いても、もう少し仲良くなってからなどと言われて無駄にポイントを使わせられます。なかなか会うところまで進めません。

参照元:App Store

以上はJメールで残念な結果に終わった男性による口コミです。

一人目の男性は1万円課金してまったく成果なし、とのこと。1万円分のポイントがあれば普通は5~10人くらいには会えるので、1万円で成果ゼロは相当です。

二人目の男性はキャッシュバッカーにポイントを食われているようです。会えない女性相手にポイントを無駄にしてしまっているパターンですね。

以上のように、出会えないという口コミの大半が業者やキャッシュバッカーに悩まされている様子でした。

これらの口コミのような残念な結果にならないためには、対処法をしっかり身につけておくことが大切です。

Jメールのサクラに関する口コミ

『サクラはいないけど、援助目的の女性が多いです。コツがわかっていないと一般人を探すのに苦労するかもしれません。

参照元:App Store

『メールはたくさん来るけど、みんな同じ文面。たぶん同一人物が送ってきている。業者が多すぎるから、他のアプリを使った方がよさそうだね。

参照元:App Store

Jメールには、運営側が雇っているいわゆる“サクラ”はいません。

ですが、上の口コミにもある通り、業者や援助目的の女性はそれなりに存在しています。これはどこの出会い系でも事情は同じです。

また、Jメールにはキャッシュバッカーも一部にいます。

Jメールを使う以上は、これらの迷惑ユーザーを見分けながら使うことが必要になってきます。

Jメールの料金に関する口コミ

『ポイント制だから使わない月は全然課金しないし、使うときだけポイントを買えばいい。月額制よりもコスパが良いと思う。

参照元:App Store

『他のサイトに比べて良心的な価格。毎日無料でガチャが引けて、ポイントの節約になる。

参照元:App Store

Jメールの料金システムは、完全前払い式のポイント制です。

上の口コミにあるように、使う分だけポイントを購入する仕組みなので、定額制に比べて課金が無駄になりにくいです。

価格設定については「良心的」という声が多く、軒並み高評価でした。

Jメールの女性ユーザーの口コミ

『お誘いはたくさん来るのですが、遊びっぽい人が多いです。ここで真面目な人を探すのはちょっと厳しいかも。遊びで使うならいいと思います。

参照元:App Store

『暇なときに気軽に会える人を探せます。たまに変な人がいてイヤな気持ちにさせられることもありますが、いろんな男性に会えて楽しいです。

参照元:App Store

以上はJメールを使っている女性ユーザーの口コミです。

口コミをざっと調べたところ、Jメールではやはり遊びを目的に利用している女性が多い印象でした。

「退屈だから」「なんとなく寂しいから」という理由で出会いを求めている女性ばかりなので、真剣な恋活・婚活にはあまり向いていません。

一方、飲み友達・遊び友達を作ったり、ワンナイトやセフレ探しのようなエッチ目当ての男性にとっては、都合の良い女性がたくさん見つかるでしょう。

Jメールでサクラや業者を見極める方法

Jメールには一般人の女性もたくさんいますが、業者やサクラなどの迷惑ユーザーも少なからず存在しています。

Jメールで女性と出会って良い思いをするためには、業者を見極めるスキルが必要不可欠です。

業者はパターンが決まっていて、事前知識があれば簡単に見分けられることがほとんどです。業者の特徴をしっかり頭に入れておきましょう。

業者やサクラのプロフィールの特徴

  • プロフィール写真がかわいい・エロい
  • ハートのスタンプなどで顔を隠している
  • 自己紹介文がエロい・すぐにヤレそう
  • キャリアがPC
  • 興味あることに「大人の関係」「セックスフレンド」
  • エッチ度が★4や★5
  • アダルト掲示板への投稿履歴がある

業者は基本的に色仕掛けで男性を騙そうとしてきます。

一般女性はたとえエッチ込みの出会いを期待していても、プロフィールにそれをそのまま書くことはしません。

プロフィールが少しでもエッチな感じになっていたら、業者の可能性を疑いましょう。

また、キャリアがPCかどうかも必ずチェックします。今時PCからアクセスしている一般女性はほとんどいません。

女性の側から来るアプローチはすべてスルーでOK

女性の側からアプローチが来た場合、99%業者だと考えてください。

Jメールを使っていると、自分からは何もアクションを起こしていないのに、女性からのメッセージや足あとが大量に届くことがあります。

かわいい女の子からのお誘いがあるとつい返信したくなりますが、まず間違いなく業者の仕業です。

女性からのメッセージや足あとにいちいち反応していたら、ポイントがあっという間になくなってしまいます。

出会い系にいる女の子は基本的に男性からのアプローチ待ちであり、自分の方から積極的に男性を探しに行くことはありません。

女性からのアプローチは基本的にすべて無視して、自分の方から一般女性を探しに行きましょう。

Jメールにはキャッシュバッカー(CB)が多い?

Jメールにはキャッシュバッカー(以下CB)と呼ばれる女性たちが存在します。

CBとは、サイト内で男性とメッセージや通話をすることでポイントを貯め、現金などのキャッシュバックを受けることを目的にする女性です。

Jメールの利用規約ではキャッシュバック目当ての利用が禁止されていますが、一部に悪質なユーザーが存在することは事実です。

CBの中身は一般の女性ですが、男性と会うつもりでサイトを利用していません。無駄にメッセージを引き延ばされてポイントを消費するだけなので、避けて通る必要があります。

キャッシュバッカー(CB)の特徴

キャッシュバッカーには以下のような特徴があります。

  • 連絡先の交換をしぶる
  • メッセージへの返信が早い
  • メッセージが短い
  • 話が噛み合わない
  • こちらの質問に答えない
  • 無駄話をしてくる
  • こちらを怒らせようとしてくる
  • キャリアはPCが多い(一部にスマホもいる)

キャッシュバック率はそれほど高くなく、メッセージ1通につき5円程度です。そのため、女性の方もいちいち文面を考えたりせずに、ほぼ機械的に送りつけてきます。

メッセージをしていて少しでも違和感を感じたらCBの可能性を疑いましょう。

ダラダラとメッセージのやりとりをしない

CB対策として最善なのは、ダラダラとメッセージのやりとりをせずに、5~7通目でLINEの交換を申し出ることです。

出会い系ではメッセージ1通ごとにお金がかかるので、早めに連絡先を交換するのが一般的です。5通目くらいまで待ってから打診すれば、相手が一般女性だった場合はまず断られることはありません。

裏を返せば、LINEの交換を断られた場合、CBである可能性が非常に高いです。

CBは「もう少し仲良くなってから」などと言ったり、話をそらしたりして、少しでもメッセージを引き延ばそうとしてきます。「もう少しで会えそうだから…」と思って深追いしても絶対に会うことはできません。

LINEの交換を断られたらその時点でメッセージのやりとりを打ち切りましょう。そうすれば、CB相手に大量のポイントを無駄にしてしまうことを回避できます。

JメールはWeb版とアプリならどっちがいい?

JメールにはWeb版とアプリ版の二つがあります。

どちらをメインで使うのがいいのかについて見ていきましょう。

基本はWeb版を使うのがおすすめ

JメールはWeb版の方が使い勝手がいいです。

アプリ版と比べたときの主なメリットは以下の通り。

  • プロフがすべて表示されるので業者を見抜きやすい
  • 毎日無料でガチャが引ける
  • ポイントの購入価格がWeb版の方が安い

プロフがすべて表示されるので業者を見抜きやすい

Web版ではプロフの情報がすべて表示されるので、業者を見抜きやすいです。

アプリ版ではアプリストアの規制の関係で、一部のアダルトな項目が非表示になります。

ですが、Jメールでは「アダルト寄りのプロフ=業者」という見分け方をするので、アダルト項目が非表示になるアプリ版では業者を見分けるのが難しくなります。

Web版ではすべての情報を見ることができ、業者を見分けるのも容易です。

毎日無料でガチャが引ける

JメールではWeb版限定で無料のログインガチャを引くことができます。

ガチャでは、メッセージや掲示板閲覧が無料になる特典がもらえたり、ポイントがゲットできたりします。

毎日ガチャを回しておけば、活動資金を大きく節約することができます。

ガチャを引くこと自体も楽しいので、Web版の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

ポイントの購入価格がWeb版の方が安い

Jメールでポイントを購入する場合、Web版から購入した方がお得です。

一例を挙げれば、以下のような差が生まれます。

課金額 Web版 アプリ版
3,000円 320pt 260pt
5,000円 550pt 440pt

同じ金額を課金しても、購入できるポイントに大きな差があることがわかります。

アプリ版ではアプリストアに手数料を取られてしまうので、その分の料金が上乗せされるのですね。

Jメールでポイントを購入するときは必ずWeb版から課金の手続きをするようにしましょう。

口コミ調査でわかったJメールが向いている人

  • 気軽に遊べる女性と出会いたい人
  • ワンナイトやセフレ探しなどのエッチ目的の人
  • 競争率の低い出会い系サイトを使いたい人

Jメールは出会い系サイトなので、基本的には遊び目的の人に向いています。

中でも特に、エッチまで含めた出会いを求めている人におすすめです。

Jメールのような出会い系で知り合ってデートする場合、女性の側も「エッチになるかも」とわかった上で会いに来ます。

そのため、よほど盛り上がらなかった場合などを除けば、そのままホテルに直行するケースが大半です。

一般の恋活アプリではそうはいきませんので、エッチOKの女性を探すならJメールは非常に便利なサイトです。

最大手の出会い系に比べると男性の利用者も限られてくるので、ライバルの少ない出会い系を使いたい人にもJメールはおすすめできます。

口コミ調査でわかったJメールが向いていない人

  • 真剣に交際相手を見つけたい人
  • ワンナイトやセフレ探しに興味がない人
  • 業者やキャッシュバッカーを見分けられる自信がない人

Jメールは真剣に恋活・婚活がしたい人には向いていません。

出会い系は気軽に会うことができるのがメリットですが、男女ともに真面目にパートナーを探している人の数は少なめです。

人妻や彼氏持ちがデートやエッチの相手を探しているだけのケースも多々あります。

真面目に恋人探しをするなら、一般の恋活アプリの方が適しているでしょう。

また、Jメールは業者やキャッシュバッカーを見極めながら使う必要があります。

慣れてくれば簡単に見分けられるようになるとは思いますが、すぐに騙されてしまうタイプの人には向いていないかもしれません。

Jメールを使って会うまでの流れ・コツを一挙公開

実際にJメールを使って会うまでの流れやコツを紹介します。

Jメールは使い方次第で少ないポイントで多くの女性に出会うことができます。

コツをしっかり抑えた上でサイトを使うようにしましょう。

1:会員登録して無料ポイントをゲットする

まずはWeb版のJメールに登録して、無料ポイントを受け取ります。

Jメールでは新規登録時に1,000円分のお試しポイントがもらえます。上手に使えば1~2人とはLINEを交換できるくらいのポイントです。

会員登録は数分で終わり、お金はいっさいかかりません。

初めて登録する人限定になりますが、無料でJメールを使ってみることができるので、まずは気軽に登録してみましょう。

2:女性ウケのいいプロフィールを作成する

Jメールに登録したら、まず最初にプロフィールを作成します。

以下の点に気をつけて女性ウケのいいプロフィールにしましょう。

  • プロフ写真は複数枚用意する
  • アダルトなことはいっさい書かない
  • アダルトな項目はいっさい選ばない
  • 身長や年収などは多少盛ってもOK

プロフで大切なのは、女性に「この人なら会っても大丈夫そう」と思ってもらうことです。

会う前からヤリモク全開だと警戒されてしまうので、プロフィール上ではエッチ目的であることは隠しておきます。

どのみち実際に会えばエッチ込みのデートになることが多いです。サイト上ではあくまでも紳士的に振る舞いましょう。

「気軽に遊べる女友達がほしい」「いっしょに食事や飲みに行って楽しめる人を募集」などと書いておけば大丈夫です。

3:好みの女性にメッセージを送る

プロフィールが完成したら、女性を探してメッセージを送っていきます。

女性からのアプローチは無視して自分で探しに行く

相手選びで大事なことは、女性からのアクションに反応するのではなく、自分の方から女性を探しに行くことです。

すでに述べたように、Jメールには業者や援交目的の女性が存在しており、男性に手当たり次第にメッセージを送っています。

女性の側からのアプローチはほとんどが業者です。いちいち大まじめに反応してはいけません。

自分から検索や掲示板を使って女性を探し、メッセージを送っていきましょう。

控えめなプロフィールの女性を狙う

メッセージを送る相手を選ぶときは、できるだけ控えめなプロフの女性を狙うのが成功の秘訣です。

初心者の人だとついつい写真で相手を選んだり、プロフィールを見て簡単に会えそうに思える相手を選びがちです。

しかし、男性から見て魅力的なプロフィールの女性は業者であることが圧倒的に多いです。

業者は男性を騙すためにあれこれ工夫を凝らしますが、一般女性はそんなことは考えずに無難な感じのプロフィールを設定します。

地味で控えめなプロフの女性ほどアタリであることが多いです。アプローチする相手を間違えないようにしてください。

4:早めにLINEを交換する

メッセージのやりとりが始まったら、できるだけ早めにLINEに移行します。

目安としては、5~7通目あたりでLINEの交換を申し出ます。

出会い系では早めに交換するのが普通なので、相手が本物の一般女性だった場合、LINEの交換を断られることはまずありません。

もし交換をしぶられたら、キャッシュバッカーの可能性が高いのでその時点でやりとりを中止します。

相手は話をはぐらかしながらずるずるとメッセージを引き延ばそうとしてくるので、絶対に付き合わないようにしましょう。

「何通目までに交換できなければ損切りする」と自分の中で線引きをしておくことが大切です。

5:デートに誘う

LINEに移行した後は、タイミングを見計らってデートに誘います。

LINEを交換してから1週間後くらいを目安に誘いましょう。

デートに誘うのが早すぎると警戒されますし、かといって遅すぎると女性の熱が冷めてきてしまいます。

もしエッチ込みのデートを考えているなら、以下の条件で誘いましょう。

  • 翌日が休みの日
  • 夕方以降の時間帯
  • できればお酒ありのお店
  • ホテルが近くにある繁華街

上の条件で会えばたいていはホテルに直行できます。

出会い系では女性の側もドキドキするような体験を求めているので、エッチに持ち込む難易度はとても低いです。

Jメールを上手に使えば、いろいろな女の子と会って気軽にエッチを楽しむことができます。

Jメールに登録する前に知っておきたいQ&A

最後にJメールの登録に際してよくある疑問をまとめておきます。

知り合いにバレたりしないの?

Jメールを使っていることが知り合いにバレる可能性は非常に低いです。

Jメールの利用者が600万人いると言っても、他にもたくさんの出会い系サイトやマッチングアプリが存在します。

知り合いがたまたまJメールをやっていてサイト内で発見されてしまう…という可能性はほとんどゼロに近いでしょう。

出会い系の利用が知り合いにバレる場合、ほとんどがスマホの履歴やアプリを見られたことが原因になります。スマホにロックをかけておくなどの対策をしておきましょう。

退会は簡単にできるの?

Jメールはいつでも好きなときに退会できます。

手続きも簡単で1分もあれば退会が完了します。

  1. サイト内の「ヘルプ/お問い合わせ」を選択
  2. 「退会」を選択
  3. 退会理由で「⑦サイトを使わないため。」を選択
  4. 最終確認画面で「退会します」を押す

以上で退会が完了します。

迷惑メールが来たりしない?

Jメールに登録しても迷惑メールなどが届くことはありません。

私自身も登録していますが、迷惑メールが届いたことは一度もありませんし、そういった話を聞いたこともないので安心してください。

ただし、登録したメールアドレス宛てにJメールのキャンペーン情報などが届くことはあります。

設定からメールの配信を停止することもできるので、メールが邪魔な人は設定を変更しておきましょう。

後から多額の請求が来たりしない?

Jメールの料金は完全前払い制になっています。

使う分だけポイントを先に購入する仕組みなので、後から利用料金を請求されることは絶対にありません。

運営している会社もちゃんとしたところですので、不当な請求をされる心配はいっさい無用です。

どのくらいお金がかかるの?

出会い系の利用者の平均課金額は月に3,000円程度と言われています。それで月に2,3人の女性に会える感じですね。

もちろん、使い方によって課金額は大きく変わってきます。慣れてくればあまりお金をかけずに女性と出会えるようになります。

また、月額制のアプリと違って使う分だけ課金すればいいので、自分の懐具合に合わせた利用ができるのもJメールのメリットと言えるでしょう。

まとめ

以上、Jメールの評判や口コミを確認した上で、出会うためのコツなども紹介してきました。

要点をまとめておきます。

  • Jメールは国内有数の出会い系サイト
  • 真剣な恋活よりも気軽な出会いに向いている
  • 実際に女の子と会って良い思いをしている男性の口コミも多い
  • 業者・援交女性・キャッシュバッカーなどの見極めが必要
  • 会えばエッチ込みのデートになることが多い
  • 控えめなプロフィールの女性を狙うのがコツ

Jメールは信頼できる老舗の出会い系サイトなので、登録しておいて損はありません。

無料ポイントだけで会えることもあるので、まずは気軽に登録してJメールを試してみましょう。

やや難易度の高いサイトとも言えるので、もしJメールで出会えなかった場合は、PCMAXやハッピーメールなど初心者でも使いやすいサイトも併用することをおすすめします。

みなさんもぜひ出会い系を上手に活用して、いろいろな女の子とのエッチを楽しんでくださいね。

-Jメール

Copyright© Love Cannon(ラブ・キャノン) , 2020 All Rights Reserved.