PCMAX

PCMAX(ピシマ)で業者・サクラ・詐欺を見分ける重要な8つのポイント!

「PCMAXはちゃんと出会える?」「どうせサクラや業者が多いのでは?」「サクラや業者を見抜く方法が知りたい!」

これらの疑問や悩みは、出会い系サイトを利用する際に常に付き纏うものですよね。

私がPCMAXへの潜入調査を行ったところ、どうやらサクラは居ないようですが、業者が紛れている様子。

この記事では今回の調査で得たPCMAXの業者の特徴を紹介しますので、これを利用して素敵な女性とのマッチング率をグンとあげちゃってください!

PCMAXにサクラは居ないが業者には要注意!

先ほども触れた通りPCMAXにサクラはいませんので、サイト運営自体への信頼度は高いと言えます。

しかし調査の過程で業者の方はちらほらと見受けられましたので、そちらには注意が必要です。

サクラと業者はどう違うのか

サクラ=運営とグル

サクラとは運営が雇った人間が一般ユーザーになりすまし、金品やサイト内ポイントの購入などを促すアカウントのこと。

無駄にやりとりを長引かせる、ある程度課金した後に連絡が途切れる、などの特徴があります

女性ユーザーが少なく運営資金に余裕のないサイトや、元からサクラからの収益をメインに稼ごうとする悪質なサイトがこのような手口を取ります。

いわば運営ぐるみのダミーアカウントといったところです。

業者=運営と無関係

業者というのはPCMAXの運営と全く関係のない第三者が、一般ユーザーに対して悪事を働き、トラブルを起こすものです。

金品トラブルだけでなく、個人情報の流出の観点からも非常に注意が必要な存在です。

PCMAX運営も監視体制を強化して排除に努めているようですが、優良ユーザーが多く信頼度も高いだけに悪質な業者から注目されやすいようです。

PCMAXにサクラがいないと判断できる3つの理由

サクラの有無はここでチェック!

  1. 1,400万人のユーザー登録がありサクラの必要なし
  2. 24時間365日の厳しい監視体制がある
  3. 警察からサービス営業の認可を取得している

PCMAXは、1,400万人ものユーザーが登録しているので、ユーザー同士の健全な課金で収益が事足ります。

しかも警察に「インターネット異性紹介事業」の届出を出して運営をしている以上、わざわざサクラを雇って信用を落とすようなことはしないと言えるでしょう。

さらに「有人サポート」「監視体制」「通報・お断り設定」「年齢確認」「セキュリティ強化」など安心や安全面へのサービスが充実しています。

もしサクラがいれば、これらのサポートサービスによって一般ユーザーから通報されるので、雇っても意味がありませんよね(笑)

PCMAXに潜む主な悪質業者の種類3つ

私が調査していて体感的に多かった業者は主に以下の3種類ありました。

悪質業者は主に3種類

  1. キャッシュバッカー
  2. 風俗(援デリ)斡旋業者
  3. 商材を売りつける業者

これらの業者がどのようなものなのか、それぞれ詳しく見てみましょう。

①キャッシュバッカー

キャッシュバッカーとは、女性会員へのキャッシュバック制度を利用してポイントを貯め、商品券などを交換することを目的にしている一般ユーザー(もしくは業者)のこと。

出会い系サイトでは沢山の女性ユーザーを確保するために、女性会員に特典を用意していることも珍しくありません。

これを利用して、マッチング目的ではなくポイント(金券などの交換商品)目的で利用している悪質なユーザーも中に入るということです。

無駄にやりとりを長引かせてポイント稼ぎをしている場合は、このキャッシュバッカーである可能性が高いです。

②風俗(援デリ)斡旋業者

風俗(援デリ)斡旋業者は打ち子の男性が女性ユーザーを装ってやりとりし、風俗の営業や援助交際を持ちかけるというもの。

実際の待ち合わせには女性が来るものの、プロフィール写真とは別人の(言い方は悪いですが普通の風俗では面接落ちレベルの)女性であり、お金を回収されて終わります。

こういった違法なデリ業者は、当然暴力団や半グレと繋がっている可能性が高く、その後も脅されてお金を奪われるケースもあり得るので注意が必要です。

③商材を売りつけて来る業者

いわゆる「デート商法」と呼ばれる手口で、相手の好意や恋愛感情を利用して高額商品(主に不動産・毛皮・宝石・絵画など)や商材を売りつけて来る業者です。

ある程度のやり取りで仲良くなった後にデートで「これ欲しい」と物をねだったり、「これは私がデザインしたの」などと商品に誘導するパターンの他、販売店に誘い込んで仲間で囲み脅迫するなどの手口があります。

一度この商法に引っかかると「リスト」に乗ってしまい、同じような手口で次々とターゲットにされることもあります。

その他の業者や詐欺

その他、出会い系サイトでよくある悪質な業者や詐欺の手口としては、以下のようなものがあります。

その他の業者や詐欺の手口

  • 個人情報抜き取り&売買
  • 他の有料サイトへ誘導
  • 美人局
  • ネットワーク・投資ビジネス勧誘
  • 悪質セミナーへの誘導

また最近流行っている手口として、「知っているバーがある」と共犯者のやっている店に誘導し、高額のお酒(ノンアルコールのダミー)を飲みまくって払わせるというものがあります。

この手口はTwitterなどで被害にあった人や、「この誘い文句でやばいと思って逃げてきた」という人が沢山見受けられます。

実際に会うまでは一般ユーザーと変わらないやり取りであることが多いので、出会えてからも言動がおかしいと思ったら身を引くことも大切です。

PCMAXで実際に業者とやりとりして調査

私のように出会い系サイトやマッチングアプリを長年利用していると、だんだん業者かどうかわかるようになってきます。

普段は業者くさい文言が出た時点でシャットアウトしてしまうのですが、今回は調査目的なのであえてやりとりしてみました。

登録直後に届く業者メッセージ

調査のために新規登録をして色々と設定をしようと思っていた矢先、2〜3件のメッセージが一気に来ました。

登録したばかりなので私のプロフィール写真は一枚のみ、アピール欄も「よろしくお願いします」の一言をとりあえず入れたばかり。

皆さん逆の立場になって考えるとお分かりの通り、普通はそんな情報量の少ないアカウントとやりとりしてみようなどと思いませんよね?

登録直後にメッセージを送って来るユーザーは、ほぼ100%の確率で業者だと思って間違いありません。

案の定援デリの業者のテンプレメッセージ

業者「はじめまして。〇〇(地名)住みの大学生です。気軽に会える人を探してまして、よかったらどうですかー?」

私「〇〇なら近いよ。今日は会える?」

業者「ありがとうございます(*^^*)よければ大人の出会いをお願いしたいです!登録前に調べたらお願い付き(※)が多いみたいだったので…私も慣れてなくて怖いのでお願い付きでもいいですか?とりあえずアドレス交換したいので教えてもらえると嬉しいです!」

(※)お願い付き:お金の要求。要は援交やパパ活目的であるということ。

なぜ業者とわかるのか

私の「今日は会える?」という質問に対して反応せず、向こうの言いたい文言を長文で送って来ているので、ほぼ業者確定です。

業者の打ち子は大量の男性ユーザーに沢山メッセージを送らなければならないので、個人に合わせたやりとりをしている余裕はありません。

テンプレートメッセージを用意して、返信が来たユーザーにはそれを貼り付けてメールアドレス交換に誘導します。

さらに「ホ別(ホテル代金別)〇万」などのワードが出てきたら業者確定ですので、通報なりブロックなりしましょう。

【調査結果】メッセージを送ってきたのは全員業者

向こうからメッセージを送ってきた女性全員に返信してみましたが、全て似たような長文が送られてきて、最終的にはホテル代別の金銭を要求されました。

普通の女性ユーザーは需要があるため、わざわざ自分からメッセージを送らなくても引く手数多なわけです。

女性側からメッセージが来た場合、そのアカウントは99%業者だと思った方がいいですね。(よっぽどのイケメンなら一般女性が興味を持ってくれる可能性もありますが笑)

PCMAXで確実に出会いを探すなら、美女すぎるアカウントを避けたり、アポ待ち掲示板を利用すると確立がアップしますよ。

業者アカウントにみられる3つの特徴

長くサイトを利用していれば、業者っぽい言動というものがだんだんとわかってきます。

特に次の3つの特徴が見られたら、業者と確定していいと思います。

「負担ナシで会いたい」という文言

「負担なし」とは「金銭のやり取りなし」という意味です。先ほどの「お願い付き」なども同じようなワードですね。

そもそも普通に出会いを求めている女性が「負担」「お願い付き」なんていうワードを使うわけがありません

業者と認定されるNGワードに引っかからないための隠語です。

すぐ会いたいことを強調

「今すぐに会えますか?」「年齢や容姿は問いません。とにかく今すぐ会いたいです」などと書いているユーザーは、ほぼ業者確定です。

突然知りもしない相手とすぐに会いたい女性がいると思いますか?普通は危険なのでいきなりは避けますよね。

シビアなようではありますが、好みや年齢層などを具体的に指定している女性ユーザーの方が本気度が伺えて信頼できます。

ずっとオンラインで返信が早すぎる

あまりにも返信が早い場合も要注意。ずっとログインして張り付いている業者であることが多いです。

「今遊びに来ている女の子たち」という機能欄に表示されているのは、ログイン中の女性なのですが、そこにいつ見ても表示されているアカウントは怪しいです。

いくら暇でも四六時中サイトにログインして、すぐに返信する一般ユーザーがいるとは考えにくいですよね。

こういった場合は業者であることを疑いましょう。

業者を避ける8つのチェックポイント

業者から仕掛けられるだけでなく、こちらから女性ユーザーを検索してメッセージを送る際にも、業者に引っかかるケースはあります。

そこで、業者のアカウントを見分けるテクニックをいくつか紹介しておきたいと思います。

①プロフィール写真の注意点

芸能人やモデル並みの美女

プロフィール写真がかなりの美女だとテンションが上がりますが、そこまでの美女ならサイト登録しなくても出会いがあるのではないかと思います。

また、整形っぽい美女の場合は、美容整形費用を稼ぐためにパパ活を持ちかけて来る可能性も…。

あまりにも美しいユーザーは業者だと思った方が良いでしょうね。

お金持ちアピール写真

リゾート地で贅沢している写真や、ブランドものや高級外車と写っている写真などが多い場合も要注意。

こちらもパパ活目的や、「高収入」を謳った悪徳商法に巻き込まれる可能性が高いです。

やりとりで「私これで儲けてるんですけど、やりませんか?」と誘われたりしたらすぐ通報しましょう。

写真が一枚のみ

業者は多数のアカウントを作る必要があるため、フリー素材や拾い物の画像などをプロフィール写真にする場合が多いです。

つまり、同一人物の写真を何枚も用意することができません。

二枚以上の写真がある場合も、同一人物であるかどうかしっかり確かめた方が良いでしょうね。

露出度の高い写真

真剣な出会いを求めている女性なら、わざわざ過度な露出をして、性的な目的で寄って来る男性を引き寄せるようなことはしないでしょう。

不特定多数にさらされるため、一般的な常識を持ち合わせた人なら知り合いに見られる可能性も考慮します。

そのため、露出度の高い写真ばかりプロフィールに設定しているアカウントは、業者が男性の注目を集める目的で作った可能性がかなり高いです。

②プロフィール内容にも注目

ストライクゾーンが広すぎる

希望する相手に設定されている年齢が18〜80歳だったり、身長も体型も下限から上限までをマックスの値に設定している場合、業者の可能性が高いです。

身長や体型だけなら気にしないという女性もいますが、すべての項目で誰でもOKというようなアカウントは怪しいと思った方が良いでしょうね。

業者ならどんな男性が来ようと仕事なので関係ありませんが、普通の女性なら年齢くらいは幅を絞っているはずです。

利用目的が性的な項目ばかり

PCMAXのプロフィール欄では利用目的がいくつか設定でき、多くのユーザーが「趣味友達」「恋人探し」「H目的お断り」など堅実な項目を選択しています。

一方、業者は「不倫・浮気」「セ〇〇スフレンド」など、性的な目的ばかり選択しています。

手っ取り早くターゲットを探すために目的を絞り込んでいる業者は非常に多いので、このようなアカウントには気をつけた方が良いでしょう。

男心を意識したプロフィール文

「抱きしめられたい」「甘えたい」「なでなでしてほしい」「寂しがりやです」など、明らかに男性の心をくすぐるようなプロフィール文は要注意

一般的なユーザーは自分の趣味や性格、どんな相手を希望しているかなど、具体的なプロフィールを書いています。

明らかな誘い文句が並んだプロフィールは、業者が狙って書いている可能性が高いので避けましょう。

③メッセージ内容は不審でないか

明らかに用意したような長文

「こんなの数分で打てないだろ」というような身の上話を織り交ぜた自分語り金銭や条件の要求などが含まれた長文が送られてきたら、業者だと思いましょう。

明らかな色仕掛けや、肉体関係を最初から匂わせて来るのも業者の特徴です。

すぐに会う約束ができる

業者側からするとだらだらとメッセージのやり取りをするより、実際に会って早く金銭を回収した方が効率が良いので、すぐに会おうとしてきます。

普通は暇でも出かける準備をしたり、仕事の調整などが必要なはずなので、いつでも会えるというのは待機している証拠です。

金銭の要求がある

「はじめだけ2万円くれませんか?そしたら信頼できるので、次回からはいりません」「ホ別2でお願いします」「2〜3の間でホテルデートどうですか」など、金銭要求がある場合は確実に業者です。

「信用するためにはじめだけ」などの言葉を強調してきますが、当然二回目などありません。

写真とも別人の女性が来ますので、どうせ何万もお金を払うならちゃんとした風俗で可愛い子を指名した方がずっとマシです(笑)

とにかく出会い系サイトでお金を要求なんてあり得ないですし、真剣な出会いとは言えませんよね。

④使用端末がパソコンだと怪しい

メッセージをチェックしたり待ち合わせの確認をする場合、スマホの方が明らかに便利なのに、わざわざパソコンを使用しているユーザーは業者の確率が高いです。

業者であれば事務所固定のパソコンでいくつものアカウントを作り、操作していた方が効率がいいですからね。

使用端末がパソコンになっているアカウントユーザーは、避けた方が賢明でしょう。

⑤フリーメールを教えられたら注意

普通親しくなってデートの約束やもっと深いやりとりをしたい場合、LINEや自分のスマホのメールアドレスを教えるはず。

もし、フリーメールを教えられたら業者だと思っていいでしょう。

中には「最初から身元が分かりやすいラインなどは抵抗がある」という人もいるとは思いますが、その場合はサイト内でやりとりすれば済む話です。

⑥待ち合わせ場所を指定されたら注意

会う約束をした時に相手から特定の場所を指定して来る場合、風俗斡旋業者の事務所がその場所にある可能性が高いです。

業者からすると事務所に近いところの方が効率がいいですからね。

「どこにいますか?」「どこの待ち合わせが都合いいですか?」など、普通ならありそうなやりとりが全くない場合は警戒した方がいいでしょう。

特に池袋には風俗斡旋業者の事務所が多いらしく、待ち合わせに指定される確率が高いようです。

⑦登録直後に来るメッセージに注意

冒頭の方でも触れましたが、登録してすぐでこちらの情報が何もないのにメッセージを送って来るアカウントはほぼ業者です。

年齢と簡単なプロフィールくらいしかわからない男性にアピールしようと思う人は業者以外にいないでしょう。

そもそも女性ユーザーは、自分からメッセージを積極的に送るというよりは、アピールしてきてくれる男性を待っている傾向にあるように思います。

好みの男性になら自分から送る人もいるかもしれませんが、少なくとも登録直後で情報が少ない男性にメッセージを送ることはないでしょうね。

⑧希望の年齢層が高い女性はパパ活目的

業者の他にも気をつけたいのが、パパ活や援助交際目的の一般ユーザー

希望する相手の年齢設定が高い女性の場合、経済的に余裕のある男性を探している可能性が高いです。

「お、自分みたいなおじさんでもこんな若い子が相手してくれるかも?!」などと飛びついたら、金銭目的でガッカリなんてことも。

プロフィール全体を見て、堅実そうな女性を選ぶことも大切です。

業者対策!騙されないようにする方法

一度会えるまではサイト内でやり取り

個人情報が欲しい業者の場合、LINEやメールなどの情報を聞き出してそちらに移行したがります。

もし不安を感じた場合は、一度相手と実際に会ってみるまで、PCMAXのメッセージ機能のみでやりとりを続けてみるといいでしょう。

業者の場合はその時点で諦めてくれる確率が高いです。

くれぐれもPCMAXのメッセージで個人情報を漏らしてしまわないようにだけ注意してくださいね。

相手の写真を画像検索にかける

相手のプロフィール写真が本人のものかどうか確かめたい場合、Googleの画像検索機能を使うと良いでしょう。

もし相手が何処かから拾ってきた画像の場合は、赤の他人のブログやインスタグラム、フリー素材が検索にヒットするでしょう。

ただし、少し加工を加えて検索にかからないようにしている可能性もあります。

何枚か他の写真をお願いしてみて出し渋るようなら、業者として見切りをつけてしまってもいいかもしれません。

外部リンクへ誘導されたら通報

「私もやってるけど、これ儲かるよ」「ブログやってるから見て欲しいな」「こっちでやりとりしようよ」など、他のサイトへのリンクとともにメッセージが送られてきたら確実に業者です。

すぐに相手プロフィールを開いて、PCMAXの運営に通報しましょう。

業者やサクラが登録しにくいアプリ

Facebook登録があるアプリ

そもそもFacebook自体が実名でないと登録できず、偽名や詐称などは厳しく取り締まられる傾向にあります。

なので大量のアカウントが必要な業者や、詐欺行為をするサクラなどはFacebook登録が必要なアプリには参入しにくいです。

また、Facebookの友達が10人以上でないと登録不可能なマッチングアプリなどもあり、そういったアプリでは業者との遭遇率が格段に下がります。

年齢確認が必要なアプリ

年齢確認が必要=身分証明書の提示が必要と言うことなので、身分を明かすと困るような業者が登録するのはかなり難しくなってきます。

そもそもマッチングアプリを運営する際は、年齢確認が法律で義務付けられていますので、年齢確認のないアプリは違法です。

サポート体制が24時間のアプリ

業者を24時間体制で監視してくれるサポートがあるアプリは、比較的安心して利用できるかと思います。

登録者をきちんと確認し、万が一業者が入ってしまってもすぐに通報に対応してくれるからです。

業者が野放しになりにくい体制が整っているアプリを選ぶと良いでしょう。

メッセージが定額で送り放題のアプリ

メッセージがポイント制で、課金を繰り返さないと送り続けられないアプリでは、収益増加目的のサクラがかなり多くいる可能性が高いです。

定額で送り放題のアプリでは、いくらメッセージを引き伸ばしても追加料金が発生しないため、サクラを雇う意味がないですよね。

何より自分が心に余裕を持ってやり取りできるので、定額のアプリはかなりお勧めできます。

業者を避けるならペアーズやOmiaiがオススメ

ペアーズやOmiaiなどはかなり有名なので、聞いたことのある人も多いかと思います。

登録者数がとても多く、各メディアにも紹介されているくらいなので、信頼性は高いです。

もちろん業者が全くゼロとは言い切れませんが、対策が本当にしっかりしており、他のサイトなどに比べて遭遇率は格段に少なくなっています。

ペアーズ

ペアーズは登録者数1,000万人以上という国内最大級の登録者数を誇り、恋人ができたというユーザーは延べ25万人超え。

Facebookや電話番号での登録や年齢確認もあるので、業者がアカウントを量産しにくくなっています

また、24時間365日オペレーターによる監視体制を整えているので、悪質ユーザーはすぐに見つかるのも安心できるポイント。

男性有料会員ならメッセージは送り放題なので、キャッシュバッカーを気にする必要もありません。

Omiai

Omiaiは会員数が400万人を突破しており、毎日4万組のマッチングが成立しているアプリ。

公的証明書による年齢確認はもちろん、24時間365日の監視体制も整っており、ペアーズ同様業者が介入しにくいシステムです。

Omiaiの監視は業者だけでなく、既婚者や不純な出会い目的のユーザーを強制退会させてくれるので、真剣な出会いが求めやすいですね。

業者に遭遇する確率を減らしたい人は、これらのアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

-PCMAX

Copyright© Love Cannon(ラブ・キャノン) , 2020 All Rights Reserved.